向谷実さんモハようインタビュー再現映像(?)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西下するブルートレイン廃止カウントダウンに思うこと

『モハよう著者からの20の質問』のお題が昨日追加されています!
今回も『日本の旅・鉄道見聞録』裏辺所長さんの写真が掲載されているので、お楽しみください。


Unow?のトップページにあるバナーから入ってご確認ください。
↓↓↓↓↓↓↓
『Unow?』


投票に参加していただくには簡単な会員登録(無料)が必要です。
↓↓↓↓↓↓↓
Unow?会員登録(無料)ページ


駅探『鉄道と風景写真コンテスト』応募受付中!(10月31日まで)

駅探写真コンテスト

プロカメラマン・岡嶋和幸さん、オオゼキタクさん、小倉沙耶さんと一緒に、私も僭越ながら審査員を務めさせていただきます。

-------------------------------------------

来年3月のダイヤ改正で東京駅発のブルートレインが全廃されるとのニュースが流れてから2週間ほど経ちます。
オオゼキタクさんも、ぽっかり胸に穴の開いたような思いだとブログに書いていらっしゃいます。
↓↓↓↓↓↓↓
オオゼキタクOfficial鉄道Blog『マジで終電5秒前』東京駅発ブルトレ全廃・・


動画でEF66連結の模様を見ることができます。
以前オオゼキさんは、機関車の連結作業はみんなのお祭りだと書いていらっしゃいましたが、上手な表現ですね。
中学生だった私が初めて乗ったブルートレイン『彗星』で、夜遅くに行われる下関での機関車交換を見るために、吹雪のような悪天候の中でもホームに降りてカメラを構えたものです。


私がこのブログで東京発ブルートレイン全廃のニュースについて触れなかったのは、自分なりに考えていたからです。
私が鉄道に興味を持ったきっかけは真岡線(現・真岡鐵道)のキハ20。
鉄道好きになったきっかけはブルートレインです。
ブルートレインの中でも、東京駅発が花形でした。
『富士』『さくら』『はやかぜ』『紀伊』『出雲』『瀬戸』・・・これらのヘッドマークバッジを巨人の野球帽にずらっとつけていたものです。


どうして人気ブルートレインの1つ『はやぶさ』のバッジはつけていなかったかというと、『富士』派の私としては、当時同じ西鹿児島(現・鹿児島中央)行きだった『はやぶさ』に勝手に対抗心を燃やしていたからです(^^)


そんな東京発ブルートレイン全廃との報道ですが、単に寂しいので廃止しないでほしいと言うのも無責任な気がしまして・・・。
やはり時間の流れが速くなっている現代にはブルートレインが合わなくなってきたのは確かだと思います。
『モハようございます。』の「21章・鉄道模型/人車鉄道」でご紹介した人車鉄道も、人が押す鉄道が重宝された時代もあったわけですが、それを知らない私たちは、鉄道博物館のヒストリーゾーンに人車鉄道があっても素通りしてしまう。
東京発ブルートレイン全廃が哀しいと言いながらも、自分たちも時代の流れに身を任せて、人車鉄道のことは知らんふりです。
そう考えると、ブルートレインも時代も流れとして思い出になっていくのも受け入れていくしかないのかなという気がしております。


まだ活躍している今、せめて乗って記憶に刻んでおく・・・そして、自分の子供たちなどに伝えていく、そういうことしかできないのではないかと思うのです。


『モハようございます。』の「20章・ブルートレインの乗り方」で写真をご提供くださったimaさん。
2005年3月のダイヤ改正で廃止になったブルートレインの王者ともいえる『あさかぜ』に、その直前に記念乗車されていらっしゃいます。
↓↓↓↓↓↓↓
『osamu君と電車でGON!』さらば寝台特急「あさかぜ」


私もこのように廃止までに乗り、記録を留めておきたいと思っています。


それにしても、imaさんのように立席特急券を利用してみたい・・・。
トイレの暖房用ヒーターを使ってみたい・・・。


ps.
以前このブログで、家にある柿の木にアメリカシロヒトリが異常発生し、葉がボロボロで、実が赤くなる前に落ちてしまっていると書きました。
↓↓↓↓↓↓↓
鉄道ブログ『モハよう de キハキハ』猿楽橋から見える興奮モノその1

しかし、今日見たらたくさんの柿の実が赤くなりつつあります。
葉はほとんど落ちてしまった寂しい枝の先で、一生懸命太陽にあたり必死に熟しているように見えます。
自然の生命力は凄いなあとあらためて感じますね。
私も頑張ろうと励まされました。


『富士・はやぶさ』に近々乗るあなたも、ぜひブログランキング投票にご協力いただけますか。
この下にある2つのバナーをクリックするだけです。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へFC2ランキング


モハようございます。
Unow?コミュニティ『モハようございます。』に参加した記事です。あなたもコメントをお寄せください!

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

こちらも「廃止反対」とは言えない立場です

〈はやぶさ〉〈富士〉については2007年秋から、“2009年春に終わり”という報道がありましたので、特に驚くことはありません。

先日、土ワイで〈はやぶさ〉を舞台とした殺人事件を取り上げておりましたが、ムリがある印象を持ちました。博多から乗っても、後続の〈のぞみ〉に乗れば、その日のうちに帰京できますから。

私は東京発着のブルートレインに乗ったことがないので、1度は乗りたいという願望はありますが、個室がいいです。

個室はともかく、2段式B寝台で6300円はワリに合わないのは確かでしょう。インターネットカフェなら一晩2000円前後ですから、時代に合わないのも致し方のないところです。

やがて、ブルートレインは“レールレジェンド”になるのではないかと思います。

  • 投稿者: 岸田法眼
  • 2008/10/15(水) 22:31:21
  • [編集]

>岸田法眼さん
東京発ブルートレインがなくなるのは寂しいですが、時代の必要性という部分で受け入れざるを得ないでしょうね・・・。

  • 投稿者: 吉田一紀
  • 2008/10/15(水) 23:58:06
  • [編集]

元八ムコです

どうも、Unow?に参加させてもらっている元八ムコです。

今年のはじめ頃から噂はありましたが、本当に廃止になってしまうようですね、はやぶさ・富士…
僕はまだブルートレインに乗ったことがありません。本当は大学生になって自分でお金貯めて…と思っていたのですが、そうしていては間に合わないので、父親にお願いして冬休み一緒に乗りに行くことにしています。
交通機関の発達で日本はどんどん狭くなってきています。そういう点で夜行列車を走らせるメリットは年々薄れているのかもしれませんね。

  • 投稿者: 元八ムコ
  • 2008/10/16(木) 00:02:04
  • [編集]

>元八ムコさん
冬休みにお父さんと一緒にブルートレインに乗りに行く・・・いいですね。
一人で乗るのも自分の世界観で楽しめるのですが、誰かと共有するのもまた違った思い出ができるものです。
それもお父さんとはステキですね。

私が初めて乗った『彗星』では家族4人でした。
向かい合うB寝台解放式の4つだったので、家族で個室のようなノリでしたね。
母親の作ってくれたお弁当を家族全員で1段目に座って車窓を眺めながら食べたのはいい思い出です。
私は家族が寝てからも車内のあちこちを見学したり、機関車交換を見物したりと、一人で大忙しでしたが(^^)

お父さんとのブルートレインの旅、ぜひ楽しんできてくださいね。
ブログでの報告を楽しみにしております。

  • 投稿者: 吉田一紀
  • 2008/10/16(木) 11:48:26
  • [編集]

ぼくも東京口のブルートレインは乗ったことがないですが、実はいうと僕も富士派でした。

確かに時代に見合わなくなってきた事と、機関士が育成できなくなってきた事も一員ではないでしょうか。
昔は、貨物も長距離旅客も機関車牽引なんて珍しくなかったので機関士も沢山居たでしょうが、今は会社が分かれてしまいそのへんの融通が利かなくなってきたのでしょうね。

ぼくは、春休みに息子とまた土日切符で『あけぼの』のゴロンとシートを利用してイッキ乗りを計画しています。

  • 投稿者: daikiti
  • 2008/10/17(金) 23:45:44
  • [編集]

>daikitiさん
daikitiさんも富士派ですか(^^)
機関士の養成も難しいと聞いたことがありますが、ブルートレインのためだけに養成するわけにもいかないのはよく分かりますしね・・・。

お子さんと『あけぼの』に乗られるなんて最高ですね。
ブルートレインから日本海の荒波を見てみたい(^^)
ぜひ楽しんできてくださいね。
今度お会いしたときに写真を拝見させてください!

  • 投稿者: 吉田一紀
  • 2008/10/18(土) 17:38:59
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

好評発売中!

車両や撮影ポイントなど鉄道趣味の王道から、キロポスト・車止め・分岐器――今まであまり注目されなかった鉄道の脇役たちまで楽しむ魅力が満載!

↑↑↑↑↑↑↑
この画像をクリックすると、送料無料で宅配が可能です。

『モハようございます。あの人はなぜ、鉄道にハマるのか?』
(オーム社刊)
税込1,260円

<目次>
01.キロポスト
02.カーブの美しい風景
03.車止め
04.分岐器
05.線路のマニアックポイント1
06.線路のマニアックポイント2
07.パンタグラフ
08.車両設備を触ることのできるポイント
09.音を楽しむポイント
10.時刻表
11.青春18きっぷ
12.鉄道で飲む楽しさ
13.国鉄音にハマる!
14.国鉄車両に乗る
15.東北特急再編地図
16.SLと触れ合う
17.貨物列車
18.廃線・廃駅を追う面白さ
19.絶滅車両を保存せよ!
20.ブルートレインの乗り方
21.鉄道模型/人車鉄道
22.線路配線図
23.きっぷ収集
24.全国にある鉄道関連博物館
25.鉄道博物館の歩き方
スペシャルインタビュー:
・木村裕子さん
・小倉沙耶さん
・向谷実さん
・諸星昭弘さん
・横見浩彦さん

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

カテゴリー

モハようブログ内検索

モハようリンク集

『モハようございます。』に取材・写真提供のご協力をいただいた方々(カッコは掲載コーナー)、および本書・当ブログを贔屓にしてくださっているブログです。

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

モハようブログカウンター

密かにつぶやいております・・・

モハよう著者プロフィール

吉田一紀

Author:吉田一紀
脚本家・ライター・構成作家
国鉄真岡線を快走するキハ20系に心を奪われ、小学4年生のときにブルートレインに魅せられて鉄道にハマる。
ブルートレインを牽引していたEF65 1000番台やDD51、24系客車のNゲージを部屋に飾り眺めるのがストレス解消法。
なるべく新幹線を使わずに、特急や在来線を乗り継ぎながら線路や駅舎を眺める旅が好きである。

・特に好きな車両
キハ20系・183系・24系客車
・特に好きな機関車
EF65 1000番台・DD51・EF75
・特に好きな分岐器
DSS(ダブルスリップスイッチ)
・特に好きな車止め
第1種車止め(バラストを盛ったもの)
・特に復活してほしい優等列車
急行『つくばね』、ブルートレイン『さくら』、特急『あやめ』の両国始発

<主な作品・活動>
・手塚眞監督ショートムービープロジェクト『フリーハンド』脚本担当
・『敬天愛人~隆盛の如く~』(明治座)脚本
・東宝戯曲科脚本コース修了
・『駅-それぞれの出発(たびだち)』『帰ってきた天使』(シアターサンモール)脚本
・学研まんがでよくわかるシリーズ『燃料電池のひみつ』構成
・地上波テレビ局携帯サイト動画配信番組構成
・全国公開映画公式モバイルサイト
・ドラマ解説本
・地上波情報番組構成
・教育ビデオ構成・脚本
・カルチャー各種(骨董、食、美術館、スケッチなど)ムック本
・ビジネス関係書籍
・ライブイベント構成
・報道機関発行メールマガジン
・進学塾会報誌
・企業研修パンフレット
・フリーペーパー連載エッセイ
などもろもろ書かせていただきました……
・『趣味悠々・時実新子のハッピー川柳塾』(NHK教育)に出演もしていました(^^)

ご意見・ご感想などお寄せください


※メールフォームが作動しない場合は、各記事の下にあるCommentをご使用ください(著者のみに連絡したい場合は、「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れて送信)。

最近のコメント

最近のトラックバック

外部リンク

RSSフィード


向谷実さんモハようインタビュー再現映像(?)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。