貨物列車鑑賞ポイント(第1回)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貨物列車鑑賞ポイント(第2回)

私が実家のある水戸線玉戸駅から東京に行くときの楽しみの一つが、貨物列車を鑑賞することができるということがあります。
貨物列車をじっくりと鑑賞できるポイントがあるのでわざわざ途中で下りて眺めることがあり、この日も私はその駅のホームに降りてみました。


貨物列車3

タキ38000がずらっと並んでいました。
この先にはタキ44000も連結され、豪華タンク車長大編成です!
私はタンク車の中でも黒タキがお気に入りです。
黒光りしている新しいタンク車も好きですし、錆びついた古いタンク車もそれはそれで味があります。
やはりほかの車両にはないこの丸みを帯びた形が魅力なのでしょう。


タキ好きといえば小倉沙耶さん。
『モハようございます。』のスペシャルインタビューで、タキのNゲージをストラップにしてみたところ、精巧な部分がすぐ壊れてしまったというエピソードを披露してくださいました。
女の子らしい発想ですね。
小倉沙耶さんがどれだけタンク車好きか、読んでみてください。
かなり驚くと同時に、共感してしまいます。


貨物列車4

コンテナ車・コキ104も鎮座していました。
こちらはコンテナ車の長大編成です。


コンテナ車は車両番号の横に「突放禁止」と書いてありますね。
私が小学生の頃、突放しては旗を持った作業員さんが飛び乗り貨車の連結作業をしていた光景を見た記憶があります。
突放してみたい・・・。


ここは、宇都宮線さいたま新都心駅のホームから見える光景です。
ホームとさいたまアリーナとの間にある線路に、よくこのような貨車が止まっています。
長い直線でもあるので、貨車を一望できる興奮ポイントなのです。
ですから、私は時々このホームに降りては、ゆっくりと貨物列車を眺めています。
あなたの近くにも貨物列車の鑑賞ポイントがあるかもしれないので、探してみてください。
貨車にも魅力は溢れていますよ。


『モハようございます。』の「17章・貨物列車」に多くの写真をご提供くださったのは、『蒸気機関車ほか鉄道保存車両について』の管理人・やまてつさん。
ぜひこのサイトをご覧になってみてください。
懐かしの貨車がどこで保存されているか、一大データベース化してくださっています。
私が小学生の頃大好きだった車掌車・ヨ8000もどこに行けば会うことができるか分かります。


これだけのデータベースを作るのに、どれだけの時間と労力がかかっているのでしょうか?
少しづつの積み重ねが大きな保存資料となるのですね。
まとめてくださったやまてつさんに感謝です。


ps.
先日、帝国劇場の『ミス・サイゴン』を観劇してきました。
私が舞台脚本のご指導をいただいている脚本家・阿部照義先生(松平健さんや川中美幸さんの座長公演などたくさんの商業演劇を書かれていらっしゃいます)と奥様、私と同郷の俳優・中山一朗さんにお付き合いいただき、もちろん観劇後は一杯飲みながらの観劇談義。

『ミス・サイゴン』はキムが愛を貫くためにみんなのいる前で自殺するラストシーンが衝撃的なわけですが、ここが欧米と日本作品との大きな差のような気がしますね。
私が大好きな舞台の一つで、脚本を取り寄せ何度も読んだ藤田まことさん主演の『浮草 人生まわり舞台』では、主人公はの旅役者・駒十郎が妻と娘の幸せのために、わざと娘の結納品を盗み自分との縁を切らせ、妻が作ってくれた表札を海に投げ捨て去っていきます。
もちろん本当の気持ちを妻も娘も知っており、娘は追いかけるわけですが、駒十郎は身を隠しながら去っていく・・・明治座の花道を藤田まことさんがとぼとぼと去っていくラストシーンは泣けます。
どちらも自己犠牲の愛なのですが、表現の仕方がこんなに大きく異なるのですね。
私は「駒十郎! 日本一!!」と声をかけたくなります。


黒タキが大好きなあなたも、ぜひブログランキング投票にご協力いただけますか。
この下にある2つのバナーをクリックするだけです。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へFC2ランキング


モハようございます。
Unow?コミュニティ『モハようございます。』に参加した記事です。あなたもコメントをお寄せください!

-------------------------------------------
○『モハよう著者からの20の質問』絶賛公開中!
Unow?のトップページにあるバナーから入ってご確認ください。
↓↓↓↓↓↓↓
『Unow?』

投票に参加していただくには簡単な会員登録(無料)が必要です。
↓↓↓↓↓↓↓
Unow?会員登録(無料)ページ

○駅探『鉄道と風景写真コンテスト』応募受付中!(10月31日まで)

駅探写真コンテスト

プロカメラマン・岡嶋和幸さん、オオゼキタクさん、小倉沙耶さんと一緒に、私も僭越ながら審査員を務めさせていただきます。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

好評発売中!

車両や撮影ポイントなど鉄道趣味の王道から、キロポスト・車止め・分岐器――今まであまり注目されなかった鉄道の脇役たちまで楽しむ魅力が満載!

↑↑↑↑↑↑↑
この画像をクリックすると、送料無料で宅配が可能です。

『モハようございます。あの人はなぜ、鉄道にハマるのか?』
(オーム社刊)
税込1,260円

<目次>
01.キロポスト
02.カーブの美しい風景
03.車止め
04.分岐器
05.線路のマニアックポイント1
06.線路のマニアックポイント2
07.パンタグラフ
08.車両設備を触ることのできるポイント
09.音を楽しむポイント
10.時刻表
11.青春18きっぷ
12.鉄道で飲む楽しさ
13.国鉄音にハマる!
14.国鉄車両に乗る
15.東北特急再編地図
16.SLと触れ合う
17.貨物列車
18.廃線・廃駅を追う面白さ
19.絶滅車両を保存せよ!
20.ブルートレインの乗り方
21.鉄道模型/人車鉄道
22.線路配線図
23.きっぷ収集
24.全国にある鉄道関連博物館
25.鉄道博物館の歩き方
スペシャルインタビュー:
・木村裕子さん
・小倉沙耶さん
・向谷実さん
・諸星昭弘さん
・横見浩彦さん

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

モハようブログ内検索

モハようリンク集

『モハようございます。』に取材・写真提供のご協力をいただいた方々(カッコは掲載コーナー)、および本書・当ブログを贔屓にしてくださっているブログです。

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

モハようブログカウンター

密かにつぶやいております・・・

モハよう著者プロフィール

吉田一紀

Author:吉田一紀
脚本家・ライター・構成作家
国鉄真岡線を快走するキハ20系に心を奪われ、小学4年生のときにブルートレインに魅せられて鉄道にハマる。
ブルートレインを牽引していたEF65 1000番台やDD51、24系客車のNゲージを部屋に飾り眺めるのがストレス解消法。
なるべく新幹線を使わずに、特急や在来線を乗り継ぎながら線路や駅舎を眺める旅が好きである。

・特に好きな車両
キハ20系・183系・24系客車
・特に好きな機関車
EF65 1000番台・DD51・EF75
・特に好きな分岐器
DSS(ダブルスリップスイッチ)
・特に好きな車止め
第1種車止め(バラストを盛ったもの)
・特に復活してほしい優等列車
急行『つくばね』、ブルートレイン『さくら』、特急『あやめ』の両国始発

<主な作品・活動>
・手塚眞監督ショートムービープロジェクト『フリーハンド』脚本担当
・『敬天愛人~隆盛の如く~』(明治座)脚本
・東宝戯曲科脚本コース修了
・『駅-それぞれの出発(たびだち)』『帰ってきた天使』(シアターサンモール)脚本
・学研まんがでよくわかるシリーズ『燃料電池のひみつ』構成
・地上波テレビ局携帯サイト動画配信番組構成
・全国公開映画公式モバイルサイト
・ドラマ解説本
・地上波情報番組構成
・教育ビデオ構成・脚本
・カルチャー各種(骨董、食、美術館、スケッチなど)ムック本
・ビジネス関係書籍
・ライブイベント構成
・報道機関発行メールマガジン
・進学塾会報誌
・企業研修パンフレット
・フリーペーパー連載エッセイ
などもろもろ書かせていただきました……
・『趣味悠々・時実新子のハッピー川柳塾』(NHK教育)に出演もしていました(^^)

ご意見・ご感想などお寄せください


※メールフォームが作動しない場合は、各記事の下にあるCommentをご使用ください(著者のみに連絡したい場合は、「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れて送信)。

最近のコメント

最近のトラックバック

外部リンク

RSSフィード


貨物列車鑑賞ポイント(第1回)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。