書泉グランデさんの鉄道専門サイトで紹介開始&発売日前にお披露目かも……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モハよう誕生秘話・その2

今日は、前々回の「モハよう誕生秘話」の続編です。


ビーコムさんの編集者であり友達のM君に、企画を出しておいて大変申し訳ないけれど、鉄道本を書く自信がないと言った私。
なぜなら、仕事で鉄道を書くには知識が足りないと感じたからです。


確かに私は鉄道が大好きです。
これは間違いありません。
でも、仕事として書くということを現実に考えたとき、私には難しいと感じたのです。
趣味で好きなことと、仕事として書くことは必ずしも一致しません。
私は雑誌や書籍をたくさん書いてきたので、ライティング力はあると自負していますし、もちろん一般の方よりは鉄道に関する知識はあると思いますが、仕事として書くほどの鉄道の知識は不足しています。
長年取材を重ねながら書いていらっしゃる鉄道ライターさんはもちろん、お金を払って読んでくれる鉄道ファンのみなさんに大変失礼なことになると思ったのです。


でも、M君は「とりあえず自分なりの案を持って次の打ち合わせに来てよ」と笑顔です。
本当にいいのかと自問自答しながら、私はオーム社さんに向かいました。


オーム社開発局のSさんと、上司のTさん。
そしてビーコムのM君とマンガ担当の鈴木スミスさん(ビーコムさんはマンガを使った書籍制作がお得意なので、マンガを入れることは最初から決まっていた)。
そして私とで打ち合わせが始まりました。
みなさんは楽しそうに話していらっしゃいますが、私だけ口が重い……。


「吉田さんはどんなところに鉄道の魅力を感じるのですか?」とM君が私に振ります。
「……キハ20系を見るとゾクゾクします」と私。
「吉田さんはキハ20系がお好きですか! 私は気動車ならキハ58が好きですね」とSさん。
「ほかには?」とM君。
「……車止めを見ると背筋に電流が走ります」と私。
「車止めとは面白いところにきましたね! 私はキロポストを見るのが楽しいです」とSさん。
「ほかには?」とさらにM君。
「分岐器を見るのも好きです。レールが分岐しているところを見ながら、どうやって車輪が通るのか想像するだけでワクワクします」と私。
「その気持ち、よく分かります!」とSさん。


「そうやって、吉田さんの面白いと思っていることを書けばいいんですよ」とM君。
すると、Sさんが笑顔でおっしゃいました。
「鉄道の設備を解説したり、知識を詰め込んだ本は、今までにたくさん出ています。それを我々が新たに作っても意味はないと思いますよ。それよりも、どうして鉄道が面白いのか、吉田さんの視点で書いてみませんか?」
「……車止めや分岐器など書いた本はあまりありませんし」と困惑気味の私。


それから議論が続き、私もつい熱が入りました。
「この前読んだある鉄道ライターさんの本で、鉄道オタクはこう電車に乗ると断定しているコーナーがありました。私は一鉄道ファンとして不愉快ですね。少なくとも私はそんな乗り方はしないので、断定はやめてほしい。それに、どうして鉄道オタクという言い方をするのでしょう? 何か別世界のような印象を受けますよね。それを鉄道ライターさん自らおっしゃる意味が分かりません。鉄道は毎日利用したり、とても身近なもので、興味を持つのはむしろ当然のはず。最近鉄道ブームのせいか、鉄道ファンや鉄道そのものをオモシロおかしく書きすぎている風潮を感じます。どうして、もっとストレートに鉄道の魅力を伝えようとしないのでしょうか? 鉄道が可哀想です!」
すると、Sさんがおっしゃってくださいました。
「どうして鉄道にハマるのか、という本を作ってみませんか。車止めでも分岐器でもいいじゃないですか。吉田さんがストレートに感じている鉄道の魅力を書いてみましょうよ! ねっ、Tさん?」
「それがいいと思いますよ」とTさんも笑顔です。
「マンガを使えば、今まで鉄道に対して敷居が高いと感じていた人もハードルが低くなるかもしれません。吉田さんだからこそ書くことのできる鉄道にハマる理由を素直に解説した本を作りましょう!」とSさんの明るい声が、私の背中を押してくださいました。


鉄道好きな自分だからこそ書くことのできる鉄道の魅力……よし、やってみよう!
そう私は決心し、正式にこの仕事をやらせていただくことにしました。


オーム社さんからの帰り道、「僕はこうなると思ってたよ」と涼しい顔のM君。
「面白い本になると思いますよ」と励ましてくださる鈴木スミスさん。
このようにして『モハようございます。』は作り始めることになったのです。


鉄道ってこんなに面白く、奥が深い。
ブームの今だからこそ、真っ直ぐにその魅力を伝えよう!
マスコミの世界に携わっている自分には、鉄道の魅力を伝える義務があるのではないかとさえ感じました。
私はおだてられると富士山にでも登ってしまう方ですが、Sさんがおっしゃってくださった企画意図を本当に実現したいと思ったのです。


つい、当時のことを思い出し、熱くなり長文になってしまいました。
こんな思いからスタートした『モハようございます。』をぜひ手に取っていただけたら、この上ない喜びです。


この記事を読んで楽しいと感じたら、ぜひブログランキング投票にご協力いただけますか。
この2つのバナーをクリックするだけです。
↓↓↓↓↓↓↓
FC2ランキング

人気ブログランキング

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

好評発売中!

車両や撮影ポイントなど鉄道趣味の王道から、キロポスト・車止め・分岐器――今まであまり注目されなかった鉄道の脇役たちまで楽しむ魅力が満載!

↑↑↑↑↑↑↑
この画像をクリックすると、送料無料で宅配が可能です。

『モハようございます。あの人はなぜ、鉄道にハマるのか?』
(オーム社刊)
税込1,260円

<目次>
01.キロポスト
02.カーブの美しい風景
03.車止め
04.分岐器
05.線路のマニアックポイント1
06.線路のマニアックポイント2
07.パンタグラフ
08.車両設備を触ることのできるポイント
09.音を楽しむポイント
10.時刻表
11.青春18きっぷ
12.鉄道で飲む楽しさ
13.国鉄音にハマる!
14.国鉄車両に乗る
15.東北特急再編地図
16.SLと触れ合う
17.貨物列車
18.廃線・廃駅を追う面白さ
19.絶滅車両を保存せよ!
20.ブルートレインの乗り方
21.鉄道模型/人車鉄道
22.線路配線図
23.きっぷ収集
24.全国にある鉄道関連博物館
25.鉄道博物館の歩き方
スペシャルインタビュー:
・木村裕子さん
・小倉沙耶さん
・向谷実さん
・諸星昭弘さん
・横見浩彦さん

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

モハようブログ内検索

モハようリンク集

『モハようございます。』に取材・写真提供のご協力をいただいた方々(カッコは掲載コーナー)、および本書・当ブログを贔屓にしてくださっているブログです。

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

モハようブログカウンター

密かにつぶやいております・・・

モハよう著者プロフィール

吉田一紀

Author:吉田一紀
脚本家・ライター・構成作家
国鉄真岡線を快走するキハ20系に心を奪われ、小学4年生のときにブルートレインに魅せられて鉄道にハマる。
ブルートレインを牽引していたEF65 1000番台やDD51、24系客車のNゲージを部屋に飾り眺めるのがストレス解消法。
なるべく新幹線を使わずに、特急や在来線を乗り継ぎながら線路や駅舎を眺める旅が好きである。

・特に好きな車両
キハ20系・183系・24系客車
・特に好きな機関車
EF65 1000番台・DD51・EF75
・特に好きな分岐器
DSS(ダブルスリップスイッチ)
・特に好きな車止め
第1種車止め(バラストを盛ったもの)
・特に復活してほしい優等列車
急行『つくばね』、ブルートレイン『さくら』、特急『あやめ』の両国始発

<主な作品・活動>
・手塚眞監督ショートムービープロジェクト『フリーハンド』脚本担当
・『敬天愛人~隆盛の如く~』(明治座)脚本
・東宝戯曲科脚本コース修了
・『駅-それぞれの出発(たびだち)』『帰ってきた天使』(シアターサンモール)脚本
・学研まんがでよくわかるシリーズ『燃料電池のひみつ』構成
・地上波テレビ局携帯サイト動画配信番組構成
・全国公開映画公式モバイルサイト
・ドラマ解説本
・地上波情報番組構成
・教育ビデオ構成・脚本
・カルチャー各種(骨董、食、美術館、スケッチなど)ムック本
・ビジネス関係書籍
・ライブイベント構成
・報道機関発行メールマガジン
・進学塾会報誌
・企業研修パンフレット
・フリーペーパー連載エッセイ
などもろもろ書かせていただきました……
・『趣味悠々・時実新子のハッピー川柳塾』(NHK教育)に出演もしていました(^^)

ご意見・ご感想などお寄せください


※メールフォームが作動しない場合は、各記事の下にあるCommentをご使用ください(著者のみに連絡したい場合は、「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れて送信)。

最近のコメント

最近のトラックバック

外部リンク

RSSフィード


書泉グランデさんの鉄道専門サイトで紹介開始&発売日前にお披露目かも……
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。