新宿駅の興奮ポイント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真交換は楽しい

オオゼキタクさんから写メをいただきました。

フジサン特急


富士急行の『フジサン特急』ですね。
車両自体は国鉄で活躍していた165系を購入したそうですが、塗装し直すのにここまで富士山のキャラクターを入れ込まなくても(^^;)
大胆といいますか、ド迫力のイラストに拍手をお送りしたいですね。
やるときはとことんやってしまうって素晴らしい!


ちなみに、描かれているイラストが富士急行『フジサン特急』ページで紹介されています。
こんなにあるのかとあらためて驚きます。
私はまだフジサン特急に乗ったことはありませんが、機会に恵まれたらタラコフジを探してみます(^^)
オオゼキタクさんが実際にフジサン特急をご覧になってどうだったか、今度お会いしたときにぜひお聞きしてみたいですね。


私もオオゼキタクさんに写メをお送りさせていただきました。
『モハようございます。』の「2章・カーブの美しい風景」でも書かせていただいたとおり、鉄道の写メを送り合うというのも面白いと思います。
「こんな珍しい車両を見たよ!」「この撮影ポイント最高!」などとコメントをつけながら送れば、感動も倍増。
誰かと感動を共有するというのはステキです。


モハようにたくさんの写真をご提供くださった日本の旅・鉄道見聞録の管理人・裏辺金好さんも写真をお送りくださいました。

あいづライナー


快速『あいづライナー』です。
モハようの「15章・東北特急再編地図」に特急『あいづ』への思いを書かせていただきました。
現在は快速『あいづライナー』として郡山-会津若松を走っています。
それも真っ赤な485系が使用されており、私としてはあの赤さにはちょっと……抵抗がありますね(^^;)


しかし、裏辺さんによると、検査の都合なのか、最近は写真のとおり583系が活躍しているとか。
昨年末の583系による特急『ひばり』リバイバル運転のときは、席の激しい争奪戦があったようですが、現在の『あいづライナー』なら平穏無事に583系に乗ることができるそうです。
オオゼキタクOfficial鉄道Blog『マジで終電5秒前』の左側メニューに雪をかぶった583系の写真があるので、オオゼキタクさんもお好きなのでしょう。
583系ファンは多いですよね。
いつまで『あいづライナー』で583系が活躍しているか分かりませんから、今のうちに乗りに行っておいた方がいいかもしれません。


オオゼキタクさん、裏辺さん、写真をお送りいただきありがとうございました!


ps.
『「モハようございます~あの人はなぜ、鉄道にハマるのか?」~吉田一紀出版記念トークLIVE★出版秘話満載~』開催!
いよいよ今日です。
急にご都合がついて、いきなり会場にいらしても大丈夫だと思うので、ぜひ遊びにいらしてください。
懇親会もあるとのことです(^^)

2008年6月12日(木)19:30開始(21:30終了予定)
聞き手:宮内亮
場所:超ブレイク塾(東京・汐留)

詳細・参加申込方法は下記をご覧ください。
↓↓↓↓↓↓↓
超ブレイク塾/元気が出る前向き系闘魂注入セミナーを1000連発!
※『モハようございます。』をお持ちの方は必ずお持ちください。1,000円割引になります。


つい写メで鉄道を撮ってしまうという方も、ぜひブログランキング投票にご協力いただけますか。
この下にある2つのバナーをクリックするだけです。
↓↓↓↓↓↓↓
FC2ランキング

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

583★

トークライブお疲れ様です!僕も583系好きです。僕のHPの写真は、今年の正月に、秋田で583系かもしかに乗ったときの写真です(^^)v
現在も583系で定期運用されている寝台急行「きたぐに」、乗ってみたいんだよなぁ。。。

  • 投稿者: オオゼキタク
  • 2008/06/12(木) 23:09:31
  • [編集]

>オオゼキタクさん

コメントありがとうございます!
トークLIVEは、聞き手の宮内さんの助けや、会場のみなさんの温かさで、無事終えることができました。
ホント、一人では何もできないことを実感しますね。

583系の『かもしか』に乗られたことがおありですか!
羨ましい……。
583系の定期運用は確か急行『きたぐに』のみになってしまったのですよね?
『モハようございます。』の2章に『きたぐに』の写真がありますが、これもぜひ乗ってみたい!

  • 投稿者: 吉田一紀
  • 2008/06/13(金) 13:10:43
  • [編集]

583系が残存しているのも奇跡?

>オオゼキタク様
583系の写真にコメントを頂き有難うございます。また吉田様、昨日のトークLIVEにも本当は行きたかったのですが行けなくて申し訳ありませぬ・・・。

583系急行「きたぐに」も、北陸新幹線が金沢まで開業して、並行在来線が第三セクターに移行した場合にどうなるのか、不安ですね。既に老体にムチを打ちまくっているのは間違いないわけで・・・。

「きたぐに」は新潟駅で撮影はしたことはありますが、乗ったことが無いので一度は乗ってみたいです。

もっとも「きたぐに」乗車となると、我々の場合、東京から大坂を経由して新潟に行って、また東京に戻ってくることになるわけで、鉄道ファンがそんなことを言っては失格なのでしょうが、少々勿体無いルートになりますね(笑)。

  • 投稿者: 裏辺金好
  • 2008/06/13(金) 22:45:30
  • [編集]

>裏辺さん:

コメントありがとうございます!
トークLIVEは、裏辺さんに来ていただいていたら、もっと緊張してしまいましたよ(^^;)

急行『きたぐに』は関東から利用しにくいのは確かですよね。
それに、北陸新幹線が出来てしまえば、東北地方なみに大征伐が行われるでしょうから、早く乗りに行きませんと……。

  • 投稿者: 吉田一紀
  • 2008/06/14(土) 12:46:10
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

好評発売中!

車両や撮影ポイントなど鉄道趣味の王道から、キロポスト・車止め・分岐器――今まであまり注目されなかった鉄道の脇役たちまで楽しむ魅力が満載!

↑↑↑↑↑↑↑
この画像をクリックすると、送料無料で宅配が可能です。

『モハようございます。あの人はなぜ、鉄道にハマるのか?』
(オーム社刊)
税込1,260円

<目次>
01.キロポスト
02.カーブの美しい風景
03.車止め
04.分岐器
05.線路のマニアックポイント1
06.線路のマニアックポイント2
07.パンタグラフ
08.車両設備を触ることのできるポイント
09.音を楽しむポイント
10.時刻表
11.青春18きっぷ
12.鉄道で飲む楽しさ
13.国鉄音にハマる!
14.国鉄車両に乗る
15.東北特急再編地図
16.SLと触れ合う
17.貨物列車
18.廃線・廃駅を追う面白さ
19.絶滅車両を保存せよ!
20.ブルートレインの乗り方
21.鉄道模型/人車鉄道
22.線路配線図
23.きっぷ収集
24.全国にある鉄道関連博物館
25.鉄道博物館の歩き方
スペシャルインタビュー:
・木村裕子さん
・小倉沙耶さん
・向谷実さん
・諸星昭弘さん
・横見浩彦さん

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

カテゴリー

モハようブログ内検索

モハようリンク集

『モハようございます。』に取材・写真提供のご協力をいただいた方々(カッコは掲載コーナー)、および本書・当ブログを贔屓にしてくださっているブログです。

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

モハようブログカウンター

密かにつぶやいております・・・

モハよう著者プロフィール

吉田一紀

Author:吉田一紀
脚本家・ライター・構成作家
国鉄真岡線を快走するキハ20系に心を奪われ、小学4年生のときにブルートレインに魅せられて鉄道にハマる。
ブルートレインを牽引していたEF65 1000番台やDD51、24系客車のNゲージを部屋に飾り眺めるのがストレス解消法。
なるべく新幹線を使わずに、特急や在来線を乗り継ぎながら線路や駅舎を眺める旅が好きである。

・特に好きな車両
キハ20系・183系・24系客車
・特に好きな機関車
EF65 1000番台・DD51・EF75
・特に好きな分岐器
DSS(ダブルスリップスイッチ)
・特に好きな車止め
第1種車止め(バラストを盛ったもの)
・特に復活してほしい優等列車
急行『つくばね』、ブルートレイン『さくら』、特急『あやめ』の両国始発

<主な作品・活動>
・手塚眞監督ショートムービープロジェクト『フリーハンド』脚本担当
・『敬天愛人~隆盛の如く~』(明治座)脚本
・東宝戯曲科脚本コース修了
・『駅-それぞれの出発(たびだち)』『帰ってきた天使』(シアターサンモール)脚本
・学研まんがでよくわかるシリーズ『燃料電池のひみつ』構成
・地上波テレビ局携帯サイト動画配信番組構成
・全国公開映画公式モバイルサイト
・ドラマ解説本
・地上波情報番組構成
・教育ビデオ構成・脚本
・カルチャー各種(骨董、食、美術館、スケッチなど)ムック本
・ビジネス関係書籍
・ライブイベント構成
・報道機関発行メールマガジン
・進学塾会報誌
・企業研修パンフレット
・フリーペーパー連載エッセイ
などもろもろ書かせていただきました……
・『趣味悠々・時実新子のハッピー川柳塾』(NHK教育)に出演もしていました(^^)

ご意見・ご感想などお寄せください


※メールフォームが作動しない場合は、各記事の下にあるCommentをご使用ください(著者のみに連絡したい場合は、「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れて送信)。

最近のコメント

最近のトラックバック

外部リンク

RSSフィード


新宿駅の興奮ポイント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。