佐藤正樹さん東京上陸!&急行『能登』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐藤正樹さんと急行『能登』徹底撮影大会その2

昨日に続いて、上野駅16番線です。


16番線は特急用で、ホーム入口に改札があります。
我々のように特急に乗らないでホームに立ち入る場合は130円の入場券が必要です。
ブルートレイン『北陸』の13番線のように、ホーム入口に改札がなければ、同じ特急でもフリーで写真撮り放題。
きっぷを買って駅構内に入っているのですから、それが一般的ですよね。
しかし、16番線のような改札のある特急専用ホームは別です。


若干納得がいかないのですが、ホームに入らないと近くで撮影できないため、みどりの窓口へ。
そうしたら、佐藤さんが私の分まで入場券を買ってくださいました。
ありがとうございます!


これで心置きなく急行『能登』を撮りまくることができます(^^)
昨日も掲載したこの写真。

能登2


最初、私は立って撮影しました。
しかし、横でカメラを構える佐藤さんは、かがみ込んで低い姿勢から撮影されています。
私も真似してみました。

能登3


写真を比べると一目瞭然で、下から撮った方がカッコいいですね。
今までは立ったまま撮ることが多かったのですが、これからは低い位置から撮るようにします(^^)

能登4


このボンネット型車両は国鉄時代に製造され、かなり年季が入っています。
最近は「カレセン」なる言葉が流行していますよね。
年配の男性には若い男にない魅力があると、女性たちに注目されているとか。
国鉄車両もまさに「カレセン」、新型車両にはない魅力があります。
いまどき考えられないこの大胆で個性の強い形!
ド迫力!!
それに、雨の水垢や錆び具合が、たまらなかったりします(^^)
朱色とクリーム色の絶妙なマッチングもたまらないですね。


能登5


行き先表示板は、私が小学生の頃は鉄板でできたサボでしたが、その後このような方向幕になりました。
当時はサボの方が味わいがあっていいなあと思っていましたが、今はこの方向幕も徐々に少なくなり、新型車両ではLED(発光ダイオード)に変わっていますよね。
そのうち、このような方向幕も見られなくなってしまうのでしょうか……。

能登6


「2号車」「急行」の表示板もたまらなくステキです。
今までどんな景色を見続けながら、このように錆びてきたのでしょうか……。
それに、今はJRで『急行』という優等列車自体が貴重な存在です。
これも新幹線が発達している影響ですね。
新幹線か普通列車か、2極化が進んでいるわけです。
『モハようございます。』の「15章・東北特急再編地図」でも書いたとおり、優等列車がどんどんなくなっていくことで、私は新幹線を好きになれないのです……。
それを東北特急を例に取り詳しく説明していますので、ぜひ読んでみてください。


まだ終わらないので、続きはまた次回に……。


ps.
『「モハようございます~あの人はなぜ、鉄道にハマるのか?」~吉田一紀出版記念トークLIVE★出版秘話満載~』開催!
私にとって初めての経験ですが頑張りますので、お時間のある方はぜひ遊びにいらしてください。

2008年6月12日(木)19:30開始(21:30終了予定)
聞き手:宮内亮
場所:超ブレイク塾(東京・汐留)

詳細・参加申込方法は下記をご覧ください。
↓↓↓↓↓↓↓
超ブレイク塾/元気が出る前向き系闘魂注入セミナーを1000連発!


私のように優等列車大好きという方も、ぜひブログランキング投票にご協力いただけますか。
この下にある2つのバナーをクリックするだけです。
↓↓↓↓↓↓↓
FC2ランキング

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

上野駅ではお世話になりました。
写真、とてもうまいですね(^_^)v
おいらとは違う視点やアングルで撮られているので唸りました。

ボンネットの横からのアングルは正直、やられた~と思いましたよ!489系ボンネットの特徴がよく表れています。

今度は、写真の話もしたいですね。

  • 投稿者: 佐藤正樹
  • 2008/06/05(木) 23:32:21
  • [編集]

>佐藤正樹さん

先日は大変お世話になりました。
入場券まで買っていただいて(^^)

写真がうまいなんてとんでもない!
好きなように興味があるところを撮っているだけでして。

ぜひ、次回お会いしたときには写真のことも含め、もっとお話させていただきたいですね。
よろしくお願い致します。

  • 投稿者: 吉田一紀
  • 2008/06/06(金) 02:51:33
  • [編集]

アングルが的確ですし、水平もしっかりしています。おまけに、地平ホームで暗いのに露出もしっかりしています。コンパクトデジカメで撮られていたので、正直、どうかな~、と思っていたのですが、おいらの思い過ごしでした。むしろ、おいらの写真の方が結構傾いていたりして、汗、汗・・・でしたよ^^;。

実は、おいらは、鉄道写真は好きですが苦手なんです。とくにこういう曲線が入った車両は、ちょっとアングルや水平が狂うと全失敗に近い印象を持ってしまうもので・・・。

しゃがむと、やはり被写体が安定して見えるというか、重厚感が増すような気がします。もっとも、撮影会などでは後ろの人の邪魔にならないように反射的にしゃがんでしまうので、人がいなくてもそのクセが出てしまうだけなのですが^^;

  • 投稿者: 佐藤正樹
  • 2008/06/07(土) 15:33:26
  • [編集]

>佐藤正樹さん

アングルが的確で、水平がしっかりしているなんて……照れます(^^)
といいますか、そのような意識もまったくなく、ただ好きなように撮っているだけです。

しゃがんで撮るではないですが、佐藤さんからいろいろと撮影にポイントをお聞きすると、また違うのでしょうね。
ホント、写真についてもたくさんお話をおうかがいしてみたいものです。
次回お会いしたときは、ぜひよろしくお願い致します。

  • 投稿者: 吉田一紀
  • 2008/06/09(月) 16:12:51
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2010/12/02(木) 00:24:11
  • [編集]

佐藤正樹さんのことでご質問くださった方へ

私のみに閲覧のコメントを書き込んでくださり、
拝見させていただきました。
メールアドレスのご記入がなくご連絡方法が
ないので、こちらに書き込み致します。


この佐藤正樹さんで間違いありません。
レビューはあくまでのその方の感想であって、
本の価値はお読みになる方お一人お一人が
決めることだろうと私は思います。


正しい情報をお知りになりたく、私に佐藤さんに
連絡してほしいとのことですが、
ご自分で直接お聞きになってみてはいかが
でしょうか。
伝える私の先入観が入ってお聞きになるよりも、
正確な情報を得るには直接ご自分でお聞きになる
ことが一番かと思います。


佐藤さんは次のブログを運営されており、
コメントを受け付けていらっしゃいます。
『札幌のスナップ』
http://kihayuni.cocolog-nifty.com/sapporo_snap/


ブログの写真や記事をご覧になると、
佐藤さんの誠実なお人柄がよく分かると思います。


それでは、よろしくお願い致します。

  • 投稿者: 吉田一紀
  • 2010/12/02(木) 12:39:16
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2010/12/02(木) 19:03:44
  • [編集]

突然すみません

この方の8/28の記事に晒されてるのは貴方のお友達ですか??
清水弘喜のブログ
http://ameblo.jp/kazuehiroemirei/

  • 投稿者: たなか
  • 2012/08/28(火) 19:22:22
  • [編集]

Re: 突然すみません

同姓同名の別人ではないでしょうか。
僕の友達は今もブログをやられていますし、何なら直接お問い合わせされてはいかがですか?

  • 投稿者: 吉田一紀
  • 2012/08/29(水) 08:44:24
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

好評発売中!

車両や撮影ポイントなど鉄道趣味の王道から、キロポスト・車止め・分岐器――今まであまり注目されなかった鉄道の脇役たちまで楽しむ魅力が満載!

↑↑↑↑↑↑↑
この画像をクリックすると、送料無料で宅配が可能です。

『モハようございます。あの人はなぜ、鉄道にハマるのか?』
(オーム社刊)
税込1,260円

<目次>
01.キロポスト
02.カーブの美しい風景
03.車止め
04.分岐器
05.線路のマニアックポイント1
06.線路のマニアックポイント2
07.パンタグラフ
08.車両設備を触ることのできるポイント
09.音を楽しむポイント
10.時刻表
11.青春18きっぷ
12.鉄道で飲む楽しさ
13.国鉄音にハマる!
14.国鉄車両に乗る
15.東北特急再編地図
16.SLと触れ合う
17.貨物列車
18.廃線・廃駅を追う面白さ
19.絶滅車両を保存せよ!
20.ブルートレインの乗り方
21.鉄道模型/人車鉄道
22.線路配線図
23.きっぷ収集
24.全国にある鉄道関連博物館
25.鉄道博物館の歩き方
スペシャルインタビュー:
・木村裕子さん
・小倉沙耶さん
・向谷実さん
・諸星昭弘さん
・横見浩彦さん

カレンダー

04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

カテゴリー

モハようブログ内検索

モハようリンク集

『モハようございます。』に取材・写真提供のご協力をいただいた方々(カッコは掲載コーナー)、および本書・当ブログを贔屓にしてくださっているブログです。

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

モハようブログカウンター

密かにつぶやいております・・・

モハよう著者プロフィール

吉田一紀

Author:吉田一紀
脚本家・ライター・構成作家
国鉄真岡線を快走するキハ20系に心を奪われ、小学4年生のときにブルートレインに魅せられて鉄道にハマる。
ブルートレインを牽引していたEF65 1000番台やDD51、24系客車のNゲージを部屋に飾り眺めるのがストレス解消法。
なるべく新幹線を使わずに、特急や在来線を乗り継ぎながら線路や駅舎を眺める旅が好きである。

・特に好きな車両
キハ20系・183系・24系客車
・特に好きな機関車
EF65 1000番台・DD51・EF75
・特に好きな分岐器
DSS(ダブルスリップスイッチ)
・特に好きな車止め
第1種車止め(バラストを盛ったもの)
・特に復活してほしい優等列車
急行『つくばね』、ブルートレイン『さくら』、特急『あやめ』の両国始発

<主な作品・活動>
・手塚眞監督ショートムービープロジェクト『フリーハンド』脚本担当
・『敬天愛人~隆盛の如く~』(明治座)脚本
・東宝戯曲科脚本コース修了
・『駅-それぞれの出発(たびだち)』『帰ってきた天使』(シアターサンモール)脚本
・学研まんがでよくわかるシリーズ『燃料電池のひみつ』構成
・地上波テレビ局携帯サイト動画配信番組構成
・全国公開映画公式モバイルサイト
・ドラマ解説本
・地上波情報番組構成
・教育ビデオ構成・脚本
・カルチャー各種(骨董、食、美術館、スケッチなど)ムック本
・ビジネス関係書籍
・ライブイベント構成
・報道機関発行メールマガジン
・進学塾会報誌
・企業研修パンフレット
・フリーペーパー連載エッセイ
などもろもろ書かせていただきました……
・『趣味悠々・時実新子のハッピー川柳塾』(NHK教育)に出演もしていました(^^)

ご意見・ご感想などお寄せください


※メールフォームが作動しない場合は、各記事の下にあるCommentをご使用ください(著者のみに連絡したい場合は、「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れて送信)。

最近のコメント

最近のトラックバック

外部リンク

RSSフィード


佐藤正樹さん東京上陸!&急行『能登』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。