横見浩彦さんに申し訳ないこと2つ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オオゼキタクさんと鉄道話した深い夜

『モハようございます。』を読んでオオゼキタクOfficial鉄道Blog『マジで終電5秒前』モハようございます!でご紹介くださったメジャーミュージシャン・オオゼキタクさん。
その後メールまでくださり、会いたいとおっしゃってくださいました。


モハようスタッフの打ち上げがあったので、ぜひスタッフ全員にご紹介したく、またオーム社開発局のSさんもブログでご紹介くださったお礼を申し上げたいとおっしゃっていたので、打ち上げにお誘いしてみました。
しかし、当日になってもオオゼキタクさんからの連絡はなく……お忙しいのかなと思いつつ、行けませんくらいの返信を寄越してもいいではないか、と内心愚痴りながら、その日はかなりの深酒をしたわけです。


しかし、別の日になってオオゼキタクさんからメールが。
今日お誘い頂いていたのでお邪魔しようかなーと思っております、と。
???
ナント、申し訳ないことに私がお誘いした日を間違っていたのです……。
オオゼキタクさんは日にちをしっかり覚えていて、お忙しい中一生懸命調整してくださったのでしょう。
それなのに、行けませんくらいの返信を寄越さんか! くらいに思ってしまい、ダブルで失礼なことをしてしまいました。
オオゼキタクさん、申し訳ございません。


私もぜひお会いしたいと思っていたのですが、その日は別件の約束が。
友達が新宿・ゴールデン街のバーで働いていたのですが辞めることになり、飲みに行くことになっていたのです。
当日になってキャンセルするわけにもいかず、これも何かの縁、オオゼキタクさんをゴールデン街にお誘いしてみようとメールしたところ……せっかくだからお邪魔しようかな、との返信。
トントン拍子にお会いすることが決まり、驚いてしまいました。
ご縁のある方とはこういうものですね。


お会いすると、「吉田さん、はじめまして!」と爽やかな声。
多くの人のハートに音楽を届けていることがよく分かりました。
お話させていただくだけで心が優しくなるというか、温かい雰囲気をお持ちの方です。
歩くマイナスイオン!


店に入り、早速お話をさせていただいたところ、筑波鉄道の思い出話に始まり、初対面とは思えないほど話が盛り上がりました。
一緒にいた友達がもう前から知っていたのかとの質問に、そこで待ち合わせた5分前に初めて会ったんだ、という会話がギャグのようです(^^)


1時間くらいしかお話はできなかったのですが、鉄道のことや音楽のことなど、いろんなことをお聞きしました。
プロモーションであちこち回っていらっしゃる頃、いろんな鉄道に乗ることができるのが嬉しくて、朝早く起きてはその土地の駅へ行ったり電車に乗ったりしながら、何事もなかったようにスタッフの方との待ち合わせ場所に行ったしていたとか(^^)
その気持ち、よく分かります。
せっかく行った場所の初めての鉄道、乗りたくなるのは当然です。


それから、鉄道に乗ると乗客の様子にも興味津々なのだそうです。
同じ車両でも、その土地の乗る人によって変わる……シンガーソングライターらしい視点ですね。


一緒にいた鉄道にあまり馴染みのない友達にも分かりやすく話そうとしたり、鉄道話ばかりでごめんなさいと言いながら別の話題を振ってくださるなど、そんな気遣いもみせてくださったオオゼキタクさん。
ホント、清々しい好青年です。


この日一緒に行った友達と記念撮影。

ゴールデン街1


後ろにいるのが、私が脚本担当として参加している手塚眞監督ショートムービープロジェクト『フリーハンド』で一緒の俳優後藤淳さん。
映像集団を主宰したり活動は真面目なのですが、写真のようにいつも私で遊んでくれる、かわいい男です。


フラッシュが発光しなかったのでもう1枚と言っているのに、後藤さんはいなくなるし、オオゼキタクさんの顔とカウンターの飾りがかぶるし、大澤さんは目を閉じるし……数枚撮ったあとの写真です。

ゴールデン街2


右にいるのが、同じく『フリーハンド』に参加している俳優大澤真一郎さん。
カナダの映画祭で受賞した『DIVIDE』に主演し、ニューヨーム・タイムスの『世界で活躍する若手映画俳優100選』に選ばれたほどの俳優です。


帰り際、オオゼキタクさんからCD『なでしこ』をいただきました。
サイン付で(^^)
役得の何ものでもありません。
その後、仕事中もこのCDをリバースで聴いています。
「知らず知らず乾涸びてた……」というフレーズの声が心地いいですね。
まだの方は、ぜひ聴いてみてください。
先ほどAmazonでオオゼキタク『デラックス・コレクション』を注文したので、届くのが楽しみです。


オオゼキタクさんのブログでも、今回の深い夜のことを紹介してくださっています。
↓↓↓↓↓↓↓
オオゼキタクOfficial鉄道Blog『マジで終電5秒前』鉄友の輪!
鉄道ブログを毎日更新されているようなので、毎日チェックしてみてください。


今回の深い夜ではまったく話足りていないので、またお会いしたいですね。
『モハようございます。』「22章・線路配線図」のさざなみみさきさんはじめ、モハようで取材にご協力くださった方々にもお引き合わせして、私以上に深い鉄道話を聞いていただきたいですし。
オオゼキタクさん、これからですぞ(脅してどうする^^)


ps.
『モハようございます。』出版を記念して私のセミナーを企画したいとおっしゃってくださる奇特な(^^)方がいらっしゃいます。
私は栃木県の中学校で脚本家・ライターの仕事に関する経験談で講演をさせていただいたことがあるだけで、いわゆるセミナーなどやったことがなく一度はお断りしたのですが、主催の方の熱意に負けまして(^^;)
ただ、大それた話などできないので、埼玉大学で客員教授をされている経営コンサルタントの方とのトークショー形式にしていただきました。
昨日打ち合わせをさせていただき、内容を詰めてきたところです。
6月12日(木)に東京・新橋で開催とのこと。
詳細は近々お知らせできるかと思いますので、お時間があり聞いてみたいという奇特な方(^^)はよろしくお願い致します。


オオゼキタクさんのように鉄道に乗ることが大好きな方も、ぜひブログランキング投票にご協力いただけますか。
この下にある2つのバナーをクリックするだけです。
↓↓↓↓↓↓↓
FC2ランキング

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

いいですねぇー

私もオオゼキさんにお会いしたかったですねぇー。

実は私のブログにも現れ、ビックリしました。その上、ブックマークに入れてくださるなど、二重の驚きですね。

ようやく、雑誌原稿の執筆が終わりました。吉田さん、オオゼキさんをはじめ、ここに御覧の皆様にも私が書いた雑誌を御購入いただけたらと思いますが、詳細について今月下旬に当方のブログで御紹介できたらと思っております。

  • 投稿者: 岸田法眼
  • 2008/06/02(月) 02:40:48
  • [編集]

>岸田法眼さん

オオゼキタクさんは、爽やかな方でしたよ。
このような方が鉄道の魅力を伝えてくれるというのは嬉しいですね。

とうとう雑誌を書かれたのですね!
おめでとうございます!!
岸田さんのあの知識の豊富さからどんな記事が生まれたのか楽しみにしています。
発表できる時期になりましたら、ぜひ教えてくださいね。
必ず買いますから!

  • 投稿者: 吉田一紀
  • 2008/06/02(月) 23:35:56
  • [編集]

先日は、お疲れ様でした!!

ご紹介までしていただき、ありがとうございます!!

脚本以外のお話をする吉田さん。かなり新鮮でした(本来は逆なんでしょうね)

いや~、それにしても、吉田さん、オオゼキタクさん、お話しが面白く、尽きない!!

とても楽しい時間を過ごさせていただきました!!

お言葉に甘えさせていただき、自分のブログでもあの夜のこと、少し触れさせていただきました

ありがとうございました!!

  • 投稿者: オオサワシンイチロウ
  • 2008/06/03(火) 14:42:45
  • [編集]

>オオサワシンイチロウさん

コメントありがとうございます!

今まで大澤さんに鉄道の話を熱くしても、わけ分からんと言われるだけでしょ(^^)

ブログでの紹介、ありがとうございます。

※掲載してくださったブログです。
http://yaplog.jp/shin-oh-sawa/
6月1日投稿分

またオオゼキタクさん含め飲みたいですね。

このときに熱く語ったショートムービー案を書いているところです。
面白い作品を作りましょうね!

  • 投稿者: 吉田一紀
  • 2008/06/04(水) 02:10:18
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

好評発売中!

車両や撮影ポイントなど鉄道趣味の王道から、キロポスト・車止め・分岐器――今まであまり注目されなかった鉄道の脇役たちまで楽しむ魅力が満載!

↑↑↑↑↑↑↑
この画像をクリックすると、送料無料で宅配が可能です。

『モハようございます。あの人はなぜ、鉄道にハマるのか?』
(オーム社刊)
税込1,260円

<目次>
01.キロポスト
02.カーブの美しい風景
03.車止め
04.分岐器
05.線路のマニアックポイント1
06.線路のマニアックポイント2
07.パンタグラフ
08.車両設備を触ることのできるポイント
09.音を楽しむポイント
10.時刻表
11.青春18きっぷ
12.鉄道で飲む楽しさ
13.国鉄音にハマる!
14.国鉄車両に乗る
15.東北特急再編地図
16.SLと触れ合う
17.貨物列車
18.廃線・廃駅を追う面白さ
19.絶滅車両を保存せよ!
20.ブルートレインの乗り方
21.鉄道模型/人車鉄道
22.線路配線図
23.きっぷ収集
24.全国にある鉄道関連博物館
25.鉄道博物館の歩き方
スペシャルインタビュー:
・木村裕子さん
・小倉沙耶さん
・向谷実さん
・諸星昭弘さん
・横見浩彦さん

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

モハようブログ内検索

モハようリンク集

『モハようございます。』に取材・写真提供のご協力をいただいた方々(カッコは掲載コーナー)、および本書・当ブログを贔屓にしてくださっているブログです。

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

モハようブログカウンター

密かにつぶやいております・・・

モハよう著者プロフィール

吉田一紀

Author:吉田一紀
脚本家・ライター・構成作家
国鉄真岡線を快走するキハ20系に心を奪われ、小学4年生のときにブルートレインに魅せられて鉄道にハマる。
ブルートレインを牽引していたEF65 1000番台やDD51、24系客車のNゲージを部屋に飾り眺めるのがストレス解消法。
なるべく新幹線を使わずに、特急や在来線を乗り継ぎながら線路や駅舎を眺める旅が好きである。

・特に好きな車両
キハ20系・183系・24系客車
・特に好きな機関車
EF65 1000番台・DD51・EF75
・特に好きな分岐器
DSS(ダブルスリップスイッチ)
・特に好きな車止め
第1種車止め(バラストを盛ったもの)
・特に復活してほしい優等列車
急行『つくばね』、ブルートレイン『さくら』、特急『あやめ』の両国始発

<主な作品・活動>
・手塚眞監督ショートムービープロジェクト『フリーハンド』脚本担当
・『敬天愛人~隆盛の如く~』(明治座)脚本
・東宝戯曲科脚本コース修了
・『駅-それぞれの出発(たびだち)』『帰ってきた天使』(シアターサンモール)脚本
・学研まんがでよくわかるシリーズ『燃料電池のひみつ』構成
・地上波テレビ局携帯サイト動画配信番組構成
・全国公開映画公式モバイルサイト
・ドラマ解説本
・地上波情報番組構成
・教育ビデオ構成・脚本
・カルチャー各種(骨董、食、美術館、スケッチなど)ムック本
・ビジネス関係書籍
・ライブイベント構成
・報道機関発行メールマガジン
・進学塾会報誌
・企業研修パンフレット
・フリーペーパー連載エッセイ
などもろもろ書かせていただきました……
・『趣味悠々・時実新子のハッピー川柳塾』(NHK教育)に出演もしていました(^^)

ご意見・ご感想などお寄せください


※メールフォームが作動しない場合は、各記事の下にあるCommentをご使用ください(著者のみに連絡したい場合は、「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れて送信)。

最近のコメント

最近のトラックバック

外部リンク

RSSフィード


横見浩彦さんに申し訳ないこと2つ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。