土呂駅で見たEF210-129号機

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土呂駅前でNゲージの世界を体感する

鉄道の日に『モハようございます。』のスペシャルインタビューに応じてくださった横見浩彦さん、オオゼキタクさん、銚子電鉄の向後功作さんが出演されるイベントに行くために宇都宮線・土呂駅で下車した様子の続きです。


土呂駅9

シンプルな改札、平日昼間ののどかな駅構内です。


土呂駅10

静かな改札と変わって、駅舎は全体がオレンジ色に塗られて明るいイメージ。
線路脇から線路が目の高さに見える様子も、かなりよかったりします。


土呂駅11

西口に降りてみました。
ロータリーがあり、模範的な駅前風景という趣です(^^)


土呂駅12

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、西口を出たところからロータリー側を見た様子です。
つまり、前の写真の反対側から撮ったことになります。
この静かな小じんまりとした様子が落ち着きますね。


画像ではよく見えないかもしれませんが、ロータリーの右側には小さな喫茶店があったり、写っていない左側にはそれほど大きくないスーパーがあります。
ロータリーを中心に小さな駅前ができています。
Nゲージで作られた駅前のような、このコンパクトさ。
こういう駅前っていいですね。
まるで鉄道模型の世界に入ったようで贅沢な時間です。


土呂駅13

会場のプラザノース横にあるショッピングセンターまで無料シャトルバスが出ているようですが、ここは歩きます。
初めての街をぶらっと歩くのは楽しいもの。
単なる住宅街でも、新しい土地を歩くと面白い発見があったりします。
徒歩15分程度の距離、これをシャトルバスで一気に終わらせてはもったいない!


と、呑気に歩いていたところ方角を間違ってしまったようで・・・会場に大幅に遅刻して到着。
待ち合わせさせていただいた秋間森林鉄道社長・國谷さんに大変失礼なことをしてしまいました。
方向違いをすることなどほとんどないのですが・・・ご迷惑をかけてはいけませんね。


イベントのほうは、こんな感じに盛り上がっておりました。

土呂駅14

イベントの内容はあちこちのブログやサイトで紹介されているので、こんな遅くにアップしている私のブログでご報告するほどでもないでしょう・・・。


TOMOさんも合流してくださり、國谷さんと3人で大宮で鉄道の日の祝杯をあげ、鉄道談義。
これがまた楽しい(^^)
TOMOさんが、私の鉄道好きの原点である国鉄真岡線の車両運用の様子が分かる資料をお持ちくださり、大興奮しながら読ませていただきました。


初めての駅で下車し、鉄道イベントを楽しみ、鉄道好きの仲間と飲み・・・私にとって最高の鉄道の日でした。
『モハようございます。』を書かせていただいたことによってできた多くのご縁に感謝ですね。


ps.
本棚を整理していたら、私が高校生の頃に買った双葉山に関する雑誌が出てきました。
双葉山とは戦前の大横綱で、年2場所制の時代に今でも破られていない69連勝を達成しています。
足掛け4年勝ちっぱなしだったのですから、凄いことです。

70連勝がストップしたとき、双葉山はその心境を「我いまだ木鶏たりえず」という言葉で表しました。
闘鶏でもっとも強い鳥は、まるで木で作られたように騒がない。
それに対して自分は、連勝が止まったとき動揺してしまった、と戒めているわけです。
高校生だった私はこのエピソードを知りとても感動し、双葉山に関する書籍を集め、このような大人になりたいと思ったものです。

木鶏の言葉を残した頃の双葉山の歳より10歳以上年上になった今の私・・・先週は仕事仲間と愚痴を言いながら泥酔してしまいました。
これも人間的でいいかと自分を慰めています(^^)


pps.
『駅探』2009年鉄道と風景写真コンテスト応募受付中!

今年も僭越ながら審査員を務めさせていただきます。
ほかにオオゼキタクさん、小倉沙耶さん、斉藤雪乃さんという豪華メンバーです。
締切は11月5日(木)10:00まで!

あなたがお気に入りの写真をどんどんご応募ください。
お待ちしております。


EF210好きなあなたも、ぜひブログランキング投票にご協力いただけますか。
この下にある2つのバナーをクリックするだけです。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へFC2ランキング

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

お久しぶりです。
土呂駅には高校の知り合いが住んでますね~
東大宮操車場(?)も近いのでいつかは行ってみようと思っているのですが…

話は変わりますが、私が所属している大学の鉄道研究会で、学園祭に合わせて模型運転会&展示会を行います。『モハようございます。』の千葉大さんほどではありませんが、よろしければお越しください。
10/31から11/3までで、URLをクリックしていただければ詳細が書いてあります。

余力があれば、Windows Liveのプライベートメッセージ機能を使って、私のシフトなどもお送りいたします。

  • 投稿者: 元八ムコ
  • 2009/10/29(木) 00:17:49
  • [編集]

>元八ムコさん
マピオンで調べると東大宮操車場と書いてあるのですが、違うのでしょうか?
正式名称がイマイチ分かりませんで。

文化祭、ぜひうかがいたいところですが、今週来週が特にタイトなもので申し訳ございません。
来年はぜひうかがいたいですね。
準備も大変かと思いますが、頑張ってください!

  • 投稿者: 吉田一紀
  • 2009/10/29(木) 22:07:38
  • [編集]

東大宮操車場で正しいのでしょうね。
ほんの少し自信がなかったもので、(?)にしておりました;;

お誘いがぎりぎりになってしまい、混乱させてしまってすいませんでした。
来年是非お待ちしております。後日もしかしたら、先のサイトで文化祭の様子が公開されるかもしれませんので、そしたらお知らせいたします。

  • 投稿者: 元八ムコ
  • 2009/10/29(木) 23:55:00
  • [編集]

言われてみると、たしかにNゲージの駅前みたいですね。某KATOさんがこの駅をモデルにしたのでしょうか?

土呂は、たしか開業の日に入場券を買いに行った記憶があります。北海道から普通列車の乗継ぎで東京へ戻るとき、東大宮を通過すると、ああ、東京へ戻ってきたんだなぁ、と思ったものですが、その先に土呂という駅が出来て、なんだかピンと来なかったことを覚えています^^;

それにしても、一番下の写真の横断幕が一瞬「レースクィーン大集合祭り」に見えてしまいました^^;。かなりビョーキですね(笑)。

  • 投稿者: kihayuni
  • 2009/10/30(金) 00:10:09
  • [編集]

>kihayuniさん
私が鉄道に興味を持ち始めた頃はすでに土呂駅があったので古い駅だと思っていましたが、あらためて調べてみると昭和58年開業なのですね。
開業した日に入場券を買われたとは、さすがkihayuniさんです(^^)

レースクイーンのようにハイレグではありませんが、ファンの方も多いようですね。

  • 投稿者: 吉田一紀
  • 2009/11/05(木) 10:15:08
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

好評発売中!

車両や撮影ポイントなど鉄道趣味の王道から、キロポスト・車止め・分岐器――今まであまり注目されなかった鉄道の脇役たちまで楽しむ魅力が満載!

↑↑↑↑↑↑↑
この画像をクリックすると、送料無料で宅配が可能です。

『モハようございます。あの人はなぜ、鉄道にハマるのか?』
(オーム社刊)
税込1,260円

<目次>
01.キロポスト
02.カーブの美しい風景
03.車止め
04.分岐器
05.線路のマニアックポイント1
06.線路のマニアックポイント2
07.パンタグラフ
08.車両設備を触ることのできるポイント
09.音を楽しむポイント
10.時刻表
11.青春18きっぷ
12.鉄道で飲む楽しさ
13.国鉄音にハマる!
14.国鉄車両に乗る
15.東北特急再編地図
16.SLと触れ合う
17.貨物列車
18.廃線・廃駅を追う面白さ
19.絶滅車両を保存せよ!
20.ブルートレインの乗り方
21.鉄道模型/人車鉄道
22.線路配線図
23.きっぷ収集
24.全国にある鉄道関連博物館
25.鉄道博物館の歩き方
スペシャルインタビュー:
・木村裕子さん
・小倉沙耶さん
・向谷実さん
・諸星昭弘さん
・横見浩彦さん

カレンダー

04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

カテゴリー

モハようブログ内検索

モハようリンク集

『モハようございます。』に取材・写真提供のご協力をいただいた方々(カッコは掲載コーナー)、および本書・当ブログを贔屓にしてくださっているブログです。

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

モハようブログカウンター

密かにつぶやいております・・・

モハよう著者プロフィール

吉田一紀

Author:吉田一紀
脚本家・ライター・構成作家
国鉄真岡線を快走するキハ20系に心を奪われ、小学4年生のときにブルートレインに魅せられて鉄道にハマる。
ブルートレインを牽引していたEF65 1000番台やDD51、24系客車のNゲージを部屋に飾り眺めるのがストレス解消法。
なるべく新幹線を使わずに、特急や在来線を乗り継ぎながら線路や駅舎を眺める旅が好きである。

・特に好きな車両
キハ20系・183系・24系客車
・特に好きな機関車
EF65 1000番台・DD51・EF75
・特に好きな分岐器
DSS(ダブルスリップスイッチ)
・特に好きな車止め
第1種車止め(バラストを盛ったもの)
・特に復活してほしい優等列車
急行『つくばね』、ブルートレイン『さくら』、特急『あやめ』の両国始発

<主な作品・活動>
・手塚眞監督ショートムービープロジェクト『フリーハンド』脚本担当
・『敬天愛人~隆盛の如く~』(明治座)脚本
・東宝戯曲科脚本コース修了
・『駅-それぞれの出発(たびだち)』『帰ってきた天使』(シアターサンモール)脚本
・学研まんがでよくわかるシリーズ『燃料電池のひみつ』構成
・地上波テレビ局携帯サイト動画配信番組構成
・全国公開映画公式モバイルサイト
・ドラマ解説本
・地上波情報番組構成
・教育ビデオ構成・脚本
・カルチャー各種(骨董、食、美術館、スケッチなど)ムック本
・ビジネス関係書籍
・ライブイベント構成
・報道機関発行メールマガジン
・進学塾会報誌
・企業研修パンフレット
・フリーペーパー連載エッセイ
などもろもろ書かせていただきました……
・『趣味悠々・時実新子のハッピー川柳塾』(NHK教育)に出演もしていました(^^)

ご意見・ご感想などお寄せください


※メールフォームが作動しない場合は、各記事の下にあるCommentをご使用ください(著者のみに連絡したい場合は、「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れて送信)。

最近のコメント

最近のトラックバック

外部リンク

RSSフィード


土呂駅で見たEF210-129号機
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。