小倉沙耶さんサイン会開催!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古レールの刻印はロマン!

ホビスタ尼崎で開かれている鉄道フリーマーケットでの小倉沙耶さん『モハようございます。』サイン会。
明日4日も開催しているので、ぜひお出かけください。
小倉さんは11時から17時頃まで所属事務所さんのブースにいらっしゃるので、直接お話させていただくこともできるかもしれませんよ。


ちなみに、オーム社開発局のSさんと私とで祝電を送らせていただいたところ、早速小倉さんのブログでご紹介くださっています(^^)
↓↓↓↓↓↓↓
小倉沙耶のやわやわ日和
※5月3日投稿分「鉄道市1日目」です。


小倉沙耶さんのサイン会を通じて、たくさんの方が『モハようございます。』を手に取ってくださったそうで、ありがとうございます!
ご意見・ご感想など、ぜひお聞かせください。


また、小倉沙耶さんにご出演いただき、本書の告知をお願いした4月25日(金)放送のラジオカロスサッポロ『まゆ+。』音声ファイル視聴方法が、このブログの前々回投稿分にてご説明しているので、そちらもご確認ください。


TAKATAKATAKAさんが「30日読売新聞朝刊に書名広告掲載&佐藤正樹さん」にコメントを寄せてくださいました。
本書をお読みいただき、また貴重なご意見をありがとうございます!
コメント内容を転載させていただきます。


(↓転載ここから)

”モハようございます”につきましては小倉沙耶さまのブログで知り、楽しみにしておりました。今日、大阪紀伊国屋にて入手、ビールじゃありませんが一気読みいたしました。
非常に読みやすく、親しみやすい内容になっており多くの方にも読んでいただけると思います。
 私もマニヤではありませんがここ数年、ひょんなことから古いレールに触れる機会がありました。
本書での06章で触れられてるレールと同じ銘柄、年号のものも数本手に致しました。紹介されてるレールの刻印は文献等も参考にし、私の写真などでも確認しましたが次のように読めないかなと思いコメントいたしました。決してケチをつけてるわけではありません。刻印は不鮮明で読み違いや読めないものも多くありますがもし再確認できる機会があればと思いコメントいたしました。失礼の段お許しを。
 CARNEGIE 1897 ET IIII,             BARROW STEEL 3M°1888 IRJ 166
(ET, EDGAR THOMSON工場)        (3M°、1888年3月)

(↑転載ここまで)


さすが小倉沙耶さんのファンでいらっしゃいますね、古レール好きとは。
確かに古レールの刻印は不鮮明で、断定できない部分があり、また私の不勉強かと思いますが、資料も揃っていないようで、謎の部分が多いですね。


ご指摘の古レールの刻印について、今回取材にご協力くださったoomatipalkさんにお聞きしたり、編集グループで写真を拡大して確認したりしながら正確を期そうと試みました。
ちなみに、本書の写真は白黒ですが、ご提供くださった写真がoomatipalkさんのブログにカラーで掲載されています。
↓↓↓↓↓↓↓
レイルエンヂニアリング
文献もあたり、このような記号が実際に存在したのかも調べてみましたが、確たる結論は出ませんでした……。


このブログでご紹介したように小倉沙耶さんが揚げぴっぴをお持ちくださった際も、この古レール部分が議論となりました。
小倉さんも手持ちの資料を調べてくださったのですが、この刻印が正しいのかどうか判別せず……。


今回本書で古レールをご紹介したのは、レールを見るだけでもこんなに奥が深く、鉄道は楽しいということをお伝えすることがテーマだったので、刻印の詳しい説明は省きました。
そのために、刻印内容もこのように見えます程度にとどめたのはあります。
ですから、事実とは異なっているかもしれません。
TAKATAKATAKAさんは本書で紹介したものと同じレールをお持ちだとのことなので、おっしゃることが正しい可能性はあります。


情報をお持ちの方は、このブログにコメントを入れてくださるか、右側のメニューにあるメールフォームにてお知らせくださると助かります。


刻印の内容が不鮮明なのも、古レールにロマンを感じる要素でもありますね。
私自身まだまだ不勉強で、また古レールに関して解明されていない部分も多いようなので、今後も引き続き追ってみたいと思っています。


TAKATAKATAKAさん、ケチをつけるだなんてとんでもありません。
本書がきっかけで、こういった議論が広がってくれたら嬉しいです。


それにしても、輪切りになった古レールなら分かりますが、刻印が分かるほどの古レールをお持ちというTAKATAKATAKAさんは、何ともツワモノですね(^^)


古レールは面白いと感じた方は、ぜひブログランキング投票にご協力いただけますか。
この下にある2つのバナーをクリックするだけです。
↓↓↓↓↓↓↓
FC2ランキング

人気ブログランキング

拍手も、いつもたくさんありがとうございます!

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント紹介いただき喜んでます

”古レールの刻印はロマン”に悪乗りして私のブログでCARNEGIEの1890~1900年代のものを羅列してみました。写真では刻印がはっきりとは見えにくいようですが間違いがないように読み取ったつもりです。
三越大阪店の基礎から回収したレールは博物館、大学、研究所へ全部寄贈しました、駅のレールは現存してます。要は手元には残ってません。
刻印の並び方から、貴書のCARNEGIEの不鮮明なところをETではないかと推定いたしました。固いことは別としていろんな刻印があるな、程度で見ていただければありがたいです。
貴書、多くの方に読んでいただいてるようでよかったですね。今後ともご活躍を期待してます。

  • 投稿者: TAKATAKATAKA
  • 2008/05/06(火) 11:19:40
  • [編集]

古レール

仲間の嵐さんが運営しているサイトです。
おそらく日本一詳しいサイトだと思います。
http://homepage1.nifty.com/arashi/

  • 投稿者: SATO
  • 2008/05/07(水) 02:57:40
  • [編集]

>TAKATAKATAKAさん
またコメントありがとうございます。
ブログのURLをお教えいただけると助かります。
ぜひ拝見したいですね。
ご迷惑でなければ相互リンクさせていただけると幸いです。


>SATOさん
嵐さんのサイトをお教えくださりありがとうございました。
ホント、詳しいですね。
ゆっくり拝見してみます。


別の機会で、ぜひ古レールの刻印についてじっくり特集してみたいですね。
ホント、面白い!
その際は、みなさんの力をお貸しくださると助かります。
よろしくお願い致します。

  • 投稿者: 吉田一紀
  • 2008/05/08(木) 00:03:38
  • [編集]

恐れ入ります

古いレールをメインに記録してます。恐縮ですがぜひ一度見ていただければありがたいです。
コメント投稿欄にアドレスなどを記入するようになってましたのでこちらの方へは記入してました。ブログのタイトルは”我が人生の垢”、よろしくお願いいたします。

http://blog.goo.ne.jp/ttkkssmm/

  • 投稿者: TAKATAKATAKA
  • 2008/05/08(木) 09:00:18
  • [編集]

TAKATAKATAKAさん

早速ブログURLをありがとうございます。
リンクさせていただきました。

ブログを拝見したところ、古レールの写真がたくさんあるのですね。
興味津々で見入ってしまいます。
双頭レールの写真もあるとのことですが、ちょっと探してみたところまだ見つかりません……。
じっくりと読ませていただきながら探してみます。

  • 投稿者: 吉田一紀
  • 2008/05/09(金) 03:16:16
  • [編集]

リンク、恐縮です

恐れ多くもリンクの仲間入り、恐縮しております。有難うございます。

レールマニアでもないのに、昔の古いレールの刻印ってどんなんだろう、駅舎にもこんなレールがあったんだ、など無くなる前に少しでも記憶に残しておきたい気持ちが最近強くなった。

2006.08、ブログの出発は三越大阪店の地下の解体から見つけた双頭レールからでした。古いレールとの付き合いもこれからでした。ど壺に入ってしまったみたいで、刻印を見てると鉄道史へと夢も広がっていきます。

これからも、古いレール、無くなる前に写真でもを合言葉に暇を過ごしたいと思います。今後ともよろしくご指導お願いいたします。

  • 投稿者: TAKATAKATAKA
  • 2008/05/12(月) 17:05:41
  • [編集]

TAKATAKATAKAさん

コメントありがとうございます。
双頭レールは貴重ですね。
以前、駅舎の柱に使われていたのを見た記憶があるのですが、最近暇さえあれば駅舎の柱を見ているのですが、双頭レールを見ることができません……。
刻印もそうですし、レールは興味深い点がたくさんありますね。

こちらこそ、今後ともよろしくご指導のほどお願い致します。

  • 投稿者: 吉田一紀
  • 2008/05/14(水) 11:01:36
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

好評発売中!

車両や撮影ポイントなど鉄道趣味の王道から、キロポスト・車止め・分岐器――今まであまり注目されなかった鉄道の脇役たちまで楽しむ魅力が満載!

↑↑↑↑↑↑↑
この画像をクリックすると、送料無料で宅配が可能です。

『モハようございます。あの人はなぜ、鉄道にハマるのか?』
(オーム社刊)
税込1,260円

<目次>
01.キロポスト
02.カーブの美しい風景
03.車止め
04.分岐器
05.線路のマニアックポイント1
06.線路のマニアックポイント2
07.パンタグラフ
08.車両設備を触ることのできるポイント
09.音を楽しむポイント
10.時刻表
11.青春18きっぷ
12.鉄道で飲む楽しさ
13.国鉄音にハマる!
14.国鉄車両に乗る
15.東北特急再編地図
16.SLと触れ合う
17.貨物列車
18.廃線・廃駅を追う面白さ
19.絶滅車両を保存せよ!
20.ブルートレインの乗り方
21.鉄道模型/人車鉄道
22.線路配線図
23.きっぷ収集
24.全国にある鉄道関連博物館
25.鉄道博物館の歩き方
スペシャルインタビュー:
・木村裕子さん
・小倉沙耶さん
・向谷実さん
・諸星昭弘さん
・横見浩彦さん

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

モハようブログ内検索

モハようリンク集

『モハようございます。』に取材・写真提供のご協力をいただいた方々(カッコは掲載コーナー)、および本書・当ブログを贔屓にしてくださっているブログです。

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

モハようブログカウンター

密かにつぶやいております・・・

モハよう著者プロフィール

吉田一紀

Author:吉田一紀
脚本家・ライター・構成作家
国鉄真岡線を快走するキハ20系に心を奪われ、小学4年生のときにブルートレインに魅せられて鉄道にハマる。
ブルートレインを牽引していたEF65 1000番台やDD51、24系客車のNゲージを部屋に飾り眺めるのがストレス解消法。
なるべく新幹線を使わずに、特急や在来線を乗り継ぎながら線路や駅舎を眺める旅が好きである。

・特に好きな車両
キハ20系・183系・24系客車
・特に好きな機関車
EF65 1000番台・DD51・EF75
・特に好きな分岐器
DSS(ダブルスリップスイッチ)
・特に好きな車止め
第1種車止め(バラストを盛ったもの)
・特に復活してほしい優等列車
急行『つくばね』、ブルートレイン『さくら』、特急『あやめ』の両国始発

<主な作品・活動>
・手塚眞監督ショートムービープロジェクト『フリーハンド』脚本担当
・『敬天愛人~隆盛の如く~』(明治座)脚本
・東宝戯曲科脚本コース修了
・『駅-それぞれの出発(たびだち)』『帰ってきた天使』(シアターサンモール)脚本
・学研まんがでよくわかるシリーズ『燃料電池のひみつ』構成
・地上波テレビ局携帯サイト動画配信番組構成
・全国公開映画公式モバイルサイト
・ドラマ解説本
・地上波情報番組構成
・教育ビデオ構成・脚本
・カルチャー各種(骨董、食、美術館、スケッチなど)ムック本
・ビジネス関係書籍
・ライブイベント構成
・報道機関発行メールマガジン
・進学塾会報誌
・企業研修パンフレット
・フリーペーパー連載エッセイ
などもろもろ書かせていただきました……
・『趣味悠々・時実新子のハッピー川柳塾』(NHK教育)に出演もしていました(^^)

ご意見・ご感想などお寄せください


※メールフォームが作動しない場合は、各記事の下にあるCommentをご使用ください(著者のみに連絡したい場合は、「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れて送信)。

最近のコメント

最近のトラックバック

外部リンク

RSSフィード


小倉沙耶さんサイン会開催!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。