東武日光線栗橋-南栗橋に癒される

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東武浅草駅で癒される

東武日光線に乗り、栗橋の大カーブと南栗橋の車両基地に癒された私。
東京方面へ行く場合は、このまま東武動物公園を過ぎ、北千住で東京メトロ日比谷線か千代田線に乗り換えることが多いです。
もしくは、押上から東京メトロ半蔵門線または都営浅草線に乗り換えです。
東京のどこへ行くかによるのですが、時間を考えると、終点の浅草駅まで乗ることはほとんどありません。


しかし、この日は時間に若干余裕があったので、このまま浅草駅まで行ってみたくなりました。


あまり行かないのに、東武浅草駅は私を癒してくれる駅でもあります。
なぜなら・・・


浅草駅1

浅草の大カーブ(またも勝手に命名^^)があるからです!
浅草駅の手前ではこのような急カーブをゆっくりと進みます。
これがたまりません!
私は『モハようございます。』の「2章・カーブの美しい風景」で語らせていただいたように、カーブ路線には興奮しますね。


駅が近づいてきても・・・


浅草駅2

まだカーブ!
しかも、カーブにある分岐器もステキです。


カーブはまだまだ続きます。
それもそのはず・・・


浅草駅3

駅の中まで大カーブ!
こんな急カーブにホームのある駅は少ないのではないでしょうか。
しかも始発着駅というのは貴重でしょう。
だから、東武浅草駅に来るとワクワクするのです(^^)


それに・・・


浅草駅5

急カーブゆえに、ホームと扉との隙間が広いので、清掃員の方が扉前に渡り板を置いてくれます。
この板を渡るのも興奮しますね。
「足元にお気をつけください」と声をかけながら置いてくださるので、本当はじっくりと踏みしめたいところですが、恐縮しながら急いで渡ります(^^)


浅草駅4

いつも正面出口しか利用していませんが、今度北口に降りてみたいですね。
この日は若干時間が迫っているので、素直に正面出口へ向かいます。


浅草駅6

新しい感のある車止め。
侘び寂び感が出てくるまでには、もう少し年月が必要でしょうか。


浅草駅7

精算機の横に『関東の駅百選認定駅』とのパネルを発見。
そういえば、かつてそんなものがありましたね(^^)
鉄道の日にちなんで選ばれたのだと記憶していますが、この制度は今もいきているのでしょうか?


浅草駅8

いずれにしても、この「東武電車」の文字がいい!
今ならこのようなデザイン文字にはしないでしょうし、「東武電車」という言い方もしないですよね。
昭和の香りがします。


浅草駅では数分の滞在でしたが、ホント癒されました。
ありがとうございます。


ps.
この日、実はこの後急いで仲見世へ行き、人形焼きの500円袋を買い、食べながら打ち合わせの都心へ向かいました。
本当は浅草寺近くの揚げまんじゅうも食べたいところでしたが、そこまでの時間が取れず・・・。
私は酒好きと思われますが、実は甘味に目がないのです(^^)


浅草駅好きなあなたも、ぜひブログランキング投票にご協力いただけますか。
この下にある2つのバナーをクリックするだけです。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へFC2ランキング

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

カーブ!車止め!

吉田さん
お元気でいらっしゃいますか?
朝から大雨ですね。

浅草駅いいですね~。関東の駅100選認定駅だったのですね。
駅のカーブがスゴイですね~。
やっぱりカーブはいいですね。

最近思うのですが、車止めも正式な種別があるようですが、違う観点からカテゴリー化すると、また面白いのではないかなあ~と(笑)。

  • 投稿者: 地歴部員
  • 2009/08/10(月) 09:08:18
  • [編集]

渡り板

私は以前、浅草駅に4両編成の列車で到着した際に知らずに前の車両から降りてしまったら、渡り板がなくて残念だった覚えがあります。

後の方の車両は渡り板を使っていたのに・・・

  • 投稿者: きよぴ
  • 2009/08/10(月) 23:17:59
  • [編集]

東武浅草と言えば・・・

以前東向島に住んでいましたので、1~2番線に発着する準急(当時)にはよく乗ってました。
業平橋を出て、浅草駅の場内信号から到着番線を確認し、それによって正面改札口に一番近いドアへよく移動していました。

今って(区間)快速にもわたり板かけるんですね。
「りょうもう」か「スペーシア」限定だと思ってました。

  • 投稿者: TOMO-k
  • 2009/08/12(水) 18:56:43
  • [編集]

ASAKUSA

前回の記事では御紹介くださり、ありがとうございます。

東武線浅草のホームは、使い分けておりまして、通勤形電車は1・2番線に限定しております。なぜならば、渡り板を使わずにすむからです(渡り板1両4枚は作業員が大変ですね)。それだけカーブがゆるいということですが、それ以外のホーム北千住寄りはキツイので、かけます。

  • 投稿者: 岸田法眼
  • 2009/08/12(水) 23:36:45
  • [編集]

キロポスト

浅草駅、すごいカーブになっていますね。
そもそも短い編成だったところ、輸送力の増大とともにどんどん列車が長くなってこんな姿になったのでしょうね。非常に興味深い渡り板です。
関東私鉄のターミナル駅はどこも小じんまりとしていて、それ故に相互乗り入れも発達したものでしょう。

ところで、北千住の0k、浅草までのマイナスつきのキロポスト、見ました?

  • 投稿者: ashiwodi
  • 2009/08/13(木) 00:13:08
  • [編集]

>地歴部員さん
車止めは地味ですが、それだけに奥が深いなあと感じますね。
違う観点でのカテゴリー分け、面白そうです。


>きよぴさん
前のほうの車両は渡り板がないのですよね。
私も以前悔しい想いをしました(^^)


>TOMO-kさん
場内信号から到着番線を確認して正面改札口にもっとも近いドアへ移動されていたなど、浅草駅常連さんのプロですね(^^)
そういう降り方も面白そう。


>岸田法眼さん
詳しい解説ありがとうございます。
週刊鉄道データファイルが300号までということで寂しいですが、頑張ってくださいね。


>ashiwodiさん
北千住の0キロポストは何度となく確認しているのですが、以前教えていただいたマイナス付きのキロポストがなぜ発見できませんで・・・また北千住を通り越し、浅草まで乗って捜してみます。

  • 投稿者: 吉田一紀
  • 2009/08/15(土) 18:42:29
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

好評発売中!

車両や撮影ポイントなど鉄道趣味の王道から、キロポスト・車止め・分岐器――今まであまり注目されなかった鉄道の脇役たちまで楽しむ魅力が満載!

↑↑↑↑↑↑↑
この画像をクリックすると、送料無料で宅配が可能です。

『モハようございます。あの人はなぜ、鉄道にハマるのか?』
(オーム社刊)
税込1,260円

<目次>
01.キロポスト
02.カーブの美しい風景
03.車止め
04.分岐器
05.線路のマニアックポイント1
06.線路のマニアックポイント2
07.パンタグラフ
08.車両設備を触ることのできるポイント
09.音を楽しむポイント
10.時刻表
11.青春18きっぷ
12.鉄道で飲む楽しさ
13.国鉄音にハマる!
14.国鉄車両に乗る
15.東北特急再編地図
16.SLと触れ合う
17.貨物列車
18.廃線・廃駅を追う面白さ
19.絶滅車両を保存せよ!
20.ブルートレインの乗り方
21.鉄道模型/人車鉄道
22.線路配線図
23.きっぷ収集
24.全国にある鉄道関連博物館
25.鉄道博物館の歩き方
スペシャルインタビュー:
・木村裕子さん
・小倉沙耶さん
・向谷実さん
・諸星昭弘さん
・横見浩彦さん

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

モハようブログ内検索

モハようリンク集

『モハようございます。』に取材・写真提供のご協力をいただいた方々(カッコは掲載コーナー)、および本書・当ブログを贔屓にしてくださっているブログです。

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

モハようブログカウンター

密かにつぶやいております・・・

モハよう著者プロフィール

吉田一紀

Author:吉田一紀
脚本家・ライター・構成作家
国鉄真岡線を快走するキハ20系に心を奪われ、小学4年生のときにブルートレインに魅せられて鉄道にハマる。
ブルートレインを牽引していたEF65 1000番台やDD51、24系客車のNゲージを部屋に飾り眺めるのがストレス解消法。
なるべく新幹線を使わずに、特急や在来線を乗り継ぎながら線路や駅舎を眺める旅が好きである。

・特に好きな車両
キハ20系・183系・24系客車
・特に好きな機関車
EF65 1000番台・DD51・EF75
・特に好きな分岐器
DSS(ダブルスリップスイッチ)
・特に好きな車止め
第1種車止め(バラストを盛ったもの)
・特に復活してほしい優等列車
急行『つくばね』、ブルートレイン『さくら』、特急『あやめ』の両国始発

<主な作品・活動>
・手塚眞監督ショートムービープロジェクト『フリーハンド』脚本担当
・『敬天愛人~隆盛の如く~』(明治座)脚本
・東宝戯曲科脚本コース修了
・『駅-それぞれの出発(たびだち)』『帰ってきた天使』(シアターサンモール)脚本
・学研まんがでよくわかるシリーズ『燃料電池のひみつ』構成
・地上波テレビ局携帯サイト動画配信番組構成
・全国公開映画公式モバイルサイト
・ドラマ解説本
・地上波情報番組構成
・教育ビデオ構成・脚本
・カルチャー各種(骨董、食、美術館、スケッチなど)ムック本
・ビジネス関係書籍
・ライブイベント構成
・報道機関発行メールマガジン
・進学塾会報誌
・企業研修パンフレット
・フリーペーパー連載エッセイ
などもろもろ書かせていただきました……
・『趣味悠々・時実新子のハッピー川柳塾』(NHK教育)に出演もしていました(^^)

ご意見・ご感想などお寄せください


※メールフォームが作動しない場合は、各記事の下にあるCommentをご使用ください(著者のみに連絡したい場合は、「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れて送信)。

最近のコメント

最近のトラックバック

外部リンク

RSSフィード


東武日光線栗橋-南栗橋に癒される
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。