車止めの絶対的な魅力

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チビ飲みは可か? 不可か?

『モハようございます。』の「12章・鉄道で飲む楽しさ」で、ワンカップのチビ飲みをご紹介させていただきました。
そのような視点で飲むと面白いといったご意見をたくさんいただいた反面、マナーが悪いのではないかというご批判も頂戴いたしました。


もちろんほかの乗客にご迷惑をかけないということが大前提です。
では、どのような飲み方がご迷惑をかけないかという問題になってくると、人それぞれ異なるかもしれません。


私個人の考えでは、通勤電車の中で基本的に乗車率が高いときは控えるべきとは思います。
そんなこと当然だろとおっしゃるかもしれませんが、意外といらっしゃいます。
満員電車の中で立ってまで飲む方はほとんど見かけませんが、ロングシートに座っていらっしゃる方ではいますよね。
つまみのピーナツやチーカマを股にはさんだり、スーツの内ポケットから出し入れしながら飲むさまは器用だなと逆に感心してしまいますが、やはりロングシートは横に座っていらっしゃる方はもちろん、前で立っている方との距離感が近い構造だと思うのです。
イライラしがちな満員電車で、近くの方がちびちび飲んでいる様子は、あまり心地よくない気がします。


やはりチビ飲みが許されるのは、ボックス席の窓際ではないでしょうか。
特に窓際に小さなテーブルがある車両は、鉄道会社公認になっているような錯覚まであります(^^)
宇都宮線を走るE231系などでボックス席のある車両では、まず扉横の席から座っていく方が多いですよね。
ボックス席は前の方との足が近いこともあり、敬遠されがちなのかもしれません。
でも、ロングシートの距離感とボックス席のそれとは異なる気がするのです。


ロングシートはリアルに今の現実感が強い気がするのに対し、ボックス席は若干旅気分が付加されるような印象がありませんか?
旅は道連れではありませんが、ロングシートでは許せないことがボックス席なら心を大きくすることができるような気がするのです。


新幹線や特急車両などのクロスシートでテーブル席が出てくるものは、さらに鉄道会社公認の印象が強く(^^)遠慮なくチビ飲みさせていただくことが多いですね。
駅弁まで楽しみたいところです。
特急車両は、たとえ仕事で出張中といえども旅気分がさらに付加され、心がおおらかになるように感じます。


私が鉄道内でチビ飲みする場合は、ボックス席の窓際か特急車両などのクロスシートです。
これが私なりの判断基準なのですが、周りの方に迷惑でないということが前提であることは変わりません。
いくらボックス席でも、横の方がしかめっ面をされたら、おとなしくアルコールはしまいます。


マナーといえば、乗客がほとんどいない車両内での行動に疑問を持たれたことはありませんか?
たとえば・・・


マナー


先日宇都宮線に乗っていた際、この車両には私と年配の男性しかいませんでした。
この男性はかなり疲れていらっしゃった様子で、車両に乗り込むなり、このように完全に寝る体制に入られたのです。
乗客が増えてきたら起きていらっしゃったので問題がないといえばないのですが・・・。
お食べになったらしい弁当の包みを座席の下に捨てられたのはどうかと思いますが。


たとえその車両に1人だったとしても、私はロングシートで寝るということは絶対にしません。


ボックス席でほかに座っている方がいらっしゃなければ、靴を脱いで足を前の座席に投げ出す方がいらっしゃいますよね。
確かに誰にも迷惑をかけていないのですから構わないかもしれませんが、私は絶対にしません。


なぜかといえば、どうも美しくない気がするのです。
たとえが悪いかもしれませんが、結婚式の披露宴に礼服ではなくジーンズでお邪魔しているような。
誰にも迷惑はかけていないけれど場違いなのではないかと思ってしまうのです。


しかし、私の基準が正しいとは言いません。
どんな状況であれ鉄道の中で酒を飲むなど言語道断というお考えの方もいらっしゃるでしょう。
私は構わないと思うのですが、友人は満員電車の中でスポーツ新聞を細長く折ってまで読む人を見ると許せないと言います。
公共の場で全員に納得のマナーは難しいかもしれません。
ですから、周りの方に迷惑をかけないということをお互いに注意し合いながら鉄道を一緒に利用させていただく・・・ということでしょうね。


ps.
1週間ぶりの更新となりましたが、確かに忙しかったという状況でした。
先日、こんなところに出没しましたが、取材先の都合で22時に伺わなくてはならず、失礼ながらも中座してしまいました。
その会合の様子をみなさんがご紹介してくださっています。
↓↓↓↓↓↓↓
『レイルエンヂニアリング』バー銀座パノラマ 渋谷店
『日本の旅・鉄道見聞録』所長撮影雑記(6月18日分)
『岸田法眼のRailway Blog.』中井精也さん、オオゼキタクさん、吉田一紀さん登場!! 観客動員数422日連続1日4ケタで、142萬人突破!! [汽車旅2009番外編]
『マジで終電5秒前』パノラマ渋谷の濃ゆい夜

話は戻りまして・・・誰でも基本的には忙しい。
そんな中で、この日は更新を休もうと思うと、つい次の日も、そして次の日も・・・遊びに忙しく、夏休みの宿題を先延ばしにしてしまう小学生の頃から成長していないということです(^^;)
でも、そんな私だからこそ、多くの出会いをいただいていると勝手に良いように解釈しております。

銀座パノラマではみなさんが撮影していたので、ブログでアップしてくださることを期待し(^^)写真下手な私はデジカメをバッグにしまい、Nゲージの走行する姿をじっくり見せていただきました。
私が座った目の前に、最後尾がヨ8000の貨物列車が停車していました。
このヨ8000は走るとテールランプが点灯するはず・・・私が小学生のときに興奮した様を再度見たいと思い、裏辺さんが「ほかも見ないのですか?」と質問されるのも構わず、走り出す瞬間を見逃してはいけないと凝視していたのですが・・・その貨物列車は動くことがなく(-_-;)
でも、Nゲージの走行する姿は夢を見せてくれますね。


乗車マナーにご意見のあるあなたも、ぜひブログランキング投票にご協力いただけますか。
この下にある2つのバナーをクリックするだけです。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へFC2ランキング

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

写真を見ると、まるで「D寝台」と言いたげな人ですね。ノビノビ座席やゴロンとシートが「C寝台」ならば、これはD寝台となるわけですが、行儀悪いとしか言いようがありません。救急車を呼ばないといけない状況なら、わかりますが、健全でこうではいけませんね。

銀座パノラマでは、私も雑誌記事を執筆や翌日の所用もあり、22時前にお店を出たので、長くいることができなかったのですが、今度はこの面々でキハへ行きたいですね。

  • 投稿者: 岸田法眼
  • 2009/06/21(日) 20:15:35
  • [編集]

吉田さま、岸田法眼さま、こんばんは!
こりゃすごい写真を撮りましたね。岸田法眼さんがおっしゃるように「行儀悪い」ですし、鉄道を愛する者としては、これは鉄道に対しても失礼なふるまいに感じられます。

さて、銀座パノラマではお世話になりました!ご一緒した皆さまのブログを楽しく拝見していますが、私は更新休みっぱなし・・宿題先延ばしの小学生同然の私ですが、またぜひキハにもつれてって下さい。

  • 投稿者: 秋間森林鉄道社長
  • 2009/06/24(水) 00:39:34
  • [編集]

>岸田法眼さん
D寝台、笑えますね(^^)
公共の場なので、迷惑をかけなければいいというわけではないと思うのです。

またぜひキハなり行きましょう!


>秋間森林鉄道社長さん
大胆に寝に入られた姿を見て、これは撮っておこうと思ってしまいました(^^)

また飲みにお付き合いください。

  • 投稿者: 吉田一紀
  • 2009/06/24(水) 19:33:00
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

好評発売中!

車両や撮影ポイントなど鉄道趣味の王道から、キロポスト・車止め・分岐器――今まであまり注目されなかった鉄道の脇役たちまで楽しむ魅力が満載!

↑↑↑↑↑↑↑
この画像をクリックすると、送料無料で宅配が可能です。

『モハようございます。あの人はなぜ、鉄道にハマるのか?』
(オーム社刊)
税込1,260円

<目次>
01.キロポスト
02.カーブの美しい風景
03.車止め
04.分岐器
05.線路のマニアックポイント1
06.線路のマニアックポイント2
07.パンタグラフ
08.車両設備を触ることのできるポイント
09.音を楽しむポイント
10.時刻表
11.青春18きっぷ
12.鉄道で飲む楽しさ
13.国鉄音にハマる!
14.国鉄車両に乗る
15.東北特急再編地図
16.SLと触れ合う
17.貨物列車
18.廃線・廃駅を追う面白さ
19.絶滅車両を保存せよ!
20.ブルートレインの乗り方
21.鉄道模型/人車鉄道
22.線路配線図
23.きっぷ収集
24.全国にある鉄道関連博物館
25.鉄道博物館の歩き方
スペシャルインタビュー:
・木村裕子さん
・小倉沙耶さん
・向谷実さん
・諸星昭弘さん
・横見浩彦さん

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

カテゴリー

モハようブログ内検索

モハようリンク集

『モハようございます。』に取材・写真提供のご協力をいただいた方々(カッコは掲載コーナー)、および本書・当ブログを贔屓にしてくださっているブログです。

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

モハようブログカウンター

密かにつぶやいております・・・

モハよう著者プロフィール

吉田一紀

Author:吉田一紀
脚本家・ライター・構成作家
国鉄真岡線を快走するキハ20系に心を奪われ、小学4年生のときにブルートレインに魅せられて鉄道にハマる。
ブルートレインを牽引していたEF65 1000番台やDD51、24系客車のNゲージを部屋に飾り眺めるのがストレス解消法。
なるべく新幹線を使わずに、特急や在来線を乗り継ぎながら線路や駅舎を眺める旅が好きである。

・特に好きな車両
キハ20系・183系・24系客車
・特に好きな機関車
EF65 1000番台・DD51・EF75
・特に好きな分岐器
DSS(ダブルスリップスイッチ)
・特に好きな車止め
第1種車止め(バラストを盛ったもの)
・特に復活してほしい優等列車
急行『つくばね』、ブルートレイン『さくら』、特急『あやめ』の両国始発

<主な作品・活動>
・手塚眞監督ショートムービープロジェクト『フリーハンド』脚本担当
・『敬天愛人~隆盛の如く~』(明治座)脚本
・東宝戯曲科脚本コース修了
・『駅-それぞれの出発(たびだち)』『帰ってきた天使』(シアターサンモール)脚本
・学研まんがでよくわかるシリーズ『燃料電池のひみつ』構成
・地上波テレビ局携帯サイト動画配信番組構成
・全国公開映画公式モバイルサイト
・ドラマ解説本
・地上波情報番組構成
・教育ビデオ構成・脚本
・カルチャー各種(骨董、食、美術館、スケッチなど)ムック本
・ビジネス関係書籍
・ライブイベント構成
・報道機関発行メールマガジン
・進学塾会報誌
・企業研修パンフレット
・フリーペーパー連載エッセイ
などもろもろ書かせていただきました……
・『趣味悠々・時実新子のハッピー川柳塾』(NHK教育)に出演もしていました(^^)

ご意見・ご感想などお寄せください


※メールフォームが作動しない場合は、各記事の下にあるCommentをご使用ください(著者のみに連絡したい場合は、「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れて送信)。

最近のコメント

最近のトラックバック

外部リンク

RSSフィード


車止めの絶対的な魅力
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。