千葉大学鉄道研究会探訪(人車鉄道編その1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

急行だんだんさんべ号リバイバル運転

千葉大学鉄道研究会の名物展示・人車鉄道の続編をお休みして、『日本の旅・鉄道見聞録』の裏辺所長さんから届いたメールをご紹介させていただきます。


山陰本線安来-松江開業100周年記念として、3種類のリバイバル運転が行われています。
裏辺さんは、その1つである急行『さんべ』を復活させた急行『だんだんさんべ』号に会いに行っていらっしゃいました。


急行だんだんさんべ号1

まずは安来駅での急行『だんだんさんべ』号。
「松江方のヘッドマークは、だんだんさんべと列車名が書かれたもの」(裏辺所長談)
往年の愛称は『さんべ』だったはずで、どうして今回は『だんだんさんべ』なのかと思ったら、「だんだん」とは山陰地方で「ありがとう」の意味だとか。
開業100周年記念だから『だんだんさんべ』なのですね。


急行だんだんさんべ号2

「米子方は安来~松江開業100周年の記念マークです」(裏辺所長談)


急行だんだんさんべ号3

「色々な駅で停車時間が長いのを利用し、車で移動して続いて揖屋(いや)駅でも撮影しました。山陰本線にキハ58系は特に似合いますね」(裏辺所長談)


急行だんだんさんべ号4

100周年記念マークに寄ってくださいました。
「18」に見えてしまうのは私だけでしょうか……。


急行だんだんさんべ号5

『だんだんさんべ』に込めた意味はよく分かりますが、やはりシンプルに『さんべ』、素敵です。
関東に住む私は山陰地方の急行に馴染みがあるわけではありませんが、『さんべ』『だいせん』はその愛称にインパクトがあり、小学生の頃の私にとって興味のひかれた急行でした。


急行だんだんさんべ号6

「大田市」は「おおだし」と読むのですね。
ずっと「おおたし」だと思っていました……(^^;)
水戸線の「小田林」駅が「おだばやし」ではなく「おたばやし」と読むのと逆バージョンです。


「今回は観光メインで、古墳や城跡を弊サイトのスタッフと見まくっています」ともメールに書いてありました。
裏辺さんは歴史にも造詣が深くていらっしゃいます。
今回の旅の様子は『日本の旅・鉄道見聞録』の「所長撮影雑記」に書いてくださると思うので、楽しみに待ちましょう。


裏辺さん、いつも速報写メをありがとうございます!

-------------------------------------------
私が質問を出させていただき、あなたが投票する『あの人はなぜ鉄道にハマル?』絶賛公開中!
↓↓↓↓↓↓↓
Unow?『あの人はなぜ鉄道にハマル?』

投票に参加していただくには簡単な会員登録(無料)が必要です。
↓↓↓↓↓↓↓
Unow?会員登録(無料)ページ
-------------------------------------------

ps.
11月14日(金)、オオゼキタクさんの主催ライブに『岸田法眼のRailway Blog.』の岸田法眼さん、『鉄道とパノラマの旅』の酒井創介さんなどたくさんお付き合いいただき行ってきました。

チケットと一緒に1ドリンクがついているのですが、それだけでは物足りないということで、酒井さんを誘ってバーカウンターの前に陣取り、生ビールを注文。
SOLD OUTだけあって、超満員でバーカウンターのある後ろのほうは立ち見でぎっしり。
そこにオオゼキさんが通りかかり、「座れなくてごめんなさい」とおっしゃってくださったのですが、「席は取ってあるのですが、我々は飲みたいだけです」と申し上げました。
このオオゼキさんのやさしい気遣いが曲にも表れていますね。
と言いつつ、飲み続ける私と酒井さん(^^;)

そうしたら、そこに小倉沙耶さんもいらっしゃり、あらためて乾杯(^^)

そんなこんなでオオゼキさんのライブが始まる頃はほろ酔い気分。
そして心地いい音楽も相まって、日頃の疲れを癒してくれる楽しいライブでした。
渋谷の歌(正式なタイトルが分からない……)のスキップしたくなるようなメロディが今も頭の中を駆け巡っています(^^;)

帰り際に、オオゼキさんのファンの方で『モハようございます。』を購入してくださった方が声をかけてくださり嬉しかったですね。
オオゼキタクOfficial鉄道Blog『マジで終電5秒前』にほぼ毎日コメントを書かれているあつこさんや多くのオオゼキさんのファンのみなさんが声をかけてくださいました。
オオゼキさんと同じく優しい方々ばかりですね。
ありがとうございました。


急行『さんべ』に乗ったことのあるあなたも、ぜひブログランキング投票にご協力いただけますか。
この下にある2つのバナーをクリックするだけです。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へFC2ランキング


モハようございます。
Unow?コミュニティ『モハようございます。』に参加した記事です。あなたもコメントをお寄せください!

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Majiで本当に終電5秒前の帰宅 観客動員数204日連続1日4ケタで、合計83萬人突破!!

記事数:642|nice!:2,472|総閲覧数:今日:1,333/累計:831,626|読者数:34 アクセスランキング:220位 毎度、御利用いただきまして、ありがとうございます。 2005年11月11日(金曜日)に開幕したRailway Blogは、2008年11月14日(金曜日)で観客動員数は83萬人を突破しまし...

  • From: 岸田法眼のRailway Blog. |
  • 2008/11/16(日) 18:43:34

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2008/11/16(日) 17:12:55
  • [編集]

ライブ行きたかったのですが、直前にpcが壊れて懐が寒くなってしまって。。。残念です。
また、機会があったら教えてください。

  • 投稿者: daikiti
  • 2008/11/16(日) 19:56:52
  • [編集]

>daikitiさん
PCのほうは大丈夫ですか?
データが飛んだりすると大変ですよね。

オオゼキさんのライブに行くときはお誘いさせていただきますね。

  • 投稿者: 吉田一紀
  • 2008/11/20(木) 09:53:11
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

好評発売中!

車両や撮影ポイントなど鉄道趣味の王道から、キロポスト・車止め・分岐器――今まであまり注目されなかった鉄道の脇役たちまで楽しむ魅力が満載!

↑↑↑↑↑↑↑
この画像をクリックすると、送料無料で宅配が可能です。

『モハようございます。あの人はなぜ、鉄道にハマるのか?』
(オーム社刊)
税込1,260円

<目次>
01.キロポスト
02.カーブの美しい風景
03.車止め
04.分岐器
05.線路のマニアックポイント1
06.線路のマニアックポイント2
07.パンタグラフ
08.車両設備を触ることのできるポイント
09.音を楽しむポイント
10.時刻表
11.青春18きっぷ
12.鉄道で飲む楽しさ
13.国鉄音にハマる!
14.国鉄車両に乗る
15.東北特急再編地図
16.SLと触れ合う
17.貨物列車
18.廃線・廃駅を追う面白さ
19.絶滅車両を保存せよ!
20.ブルートレインの乗り方
21.鉄道模型/人車鉄道
22.線路配線図
23.きっぷ収集
24.全国にある鉄道関連博物館
25.鉄道博物館の歩き方
スペシャルインタビュー:
・木村裕子さん
・小倉沙耶さん
・向谷実さん
・諸星昭弘さん
・横見浩彦さん

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

カテゴリー

モハようブログ内検索

モハようリンク集

『モハようございます。』に取材・写真提供のご協力をいただいた方々(カッコは掲載コーナー)、および本書・当ブログを贔屓にしてくださっているブログです。

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

モハようブログカウンター

密かにつぶやいております・・・

モハよう著者プロフィール

吉田一紀

Author:吉田一紀
脚本家・ライター・構成作家
国鉄真岡線を快走するキハ20系に心を奪われ、小学4年生のときにブルートレインに魅せられて鉄道にハマる。
ブルートレインを牽引していたEF65 1000番台やDD51、24系客車のNゲージを部屋に飾り眺めるのがストレス解消法。
なるべく新幹線を使わずに、特急や在来線を乗り継ぎながら線路や駅舎を眺める旅が好きである。

・特に好きな車両
キハ20系・183系・24系客車
・特に好きな機関車
EF65 1000番台・DD51・EF75
・特に好きな分岐器
DSS(ダブルスリップスイッチ)
・特に好きな車止め
第1種車止め(バラストを盛ったもの)
・特に復活してほしい優等列車
急行『つくばね』、ブルートレイン『さくら』、特急『あやめ』の両国始発

<主な作品・活動>
・手塚眞監督ショートムービープロジェクト『フリーハンド』脚本担当
・『敬天愛人~隆盛の如く~』(明治座)脚本
・東宝戯曲科脚本コース修了
・『駅-それぞれの出発(たびだち)』『帰ってきた天使』(シアターサンモール)脚本
・学研まんがでよくわかるシリーズ『燃料電池のひみつ』構成
・地上波テレビ局携帯サイト動画配信番組構成
・全国公開映画公式モバイルサイト
・ドラマ解説本
・地上波情報番組構成
・教育ビデオ構成・脚本
・カルチャー各種(骨董、食、美術館、スケッチなど)ムック本
・ビジネス関係書籍
・ライブイベント構成
・報道機関発行メールマガジン
・進学塾会報誌
・企業研修パンフレット
・フリーペーパー連載エッセイ
などもろもろ書かせていただきました……
・『趣味悠々・時実新子のハッピー川柳塾』(NHK教育)に出演もしていました(^^)

ご意見・ご感想などお寄せください


※メールフォームが作動しない場合は、各記事の下にあるCommentをご使用ください(著者のみに連絡したい場合は、「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れて送信)。

最近のコメント

最近のトラックバック

外部リンク

RSSフィード


千葉大学鉄道研究会探訪(人車鉄道編その1)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。