スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

常識を覆されたレイアウト3(最終回)

『Unow?』『駅探』との共同企画『モハよう著者からの20の質問』。
一昨日質問が追加されました。
今のうちに投票を重ねておいたほうがお得です(^^)
その理由は、近々お伝えできると思います。
↓↓↓↓↓↓↓
『Unow?』
『駅探』


投票に参加していただくには簡単な会員登録(無料)が必要です。
↓↓↓↓↓↓↓
Unow?会員登録(無料)ページ


一昨日追加された質問19をぜひご覧ください。
『日本の旅・鉄道見聞録』の所員・daikitiさん撮影の今はなき特急『たざわ』の勇姿を見ることができます。
雪だらけになっている列車を見ると気持ちが高ぶるという鉄道アーティスト小倉沙耶さんも、多分気に入られる1枚ではないかと思います。

-------------------------------------------

『モハようございます。』のスペシャルインタビューに応じてくださった諸星昭弘さんの工房を取材させていただいたときの様子をご紹介する最終回です。


レイアウトといえば広いスペースが必要だと思っていた私は、諸星さんの作られた小さなレイアウト、しかも田舎路線にある素朴な分岐器などリアル感がたまらず、今までのレイアウト感を覆されたというお話をさせていただきました。


インタビューを進めていくうちに、私の鉄道模型趣味そのものに対する常識を覆されるお話をお聞きしました。
それは「自分の好きなように楽しめば、それでいい」ということ。


こう読むと当たり前のように聞こえますが、実はかなり深い意味があると思います。
私は前回このブログにも書かせていただいたように、Nゲージは走らせるよりも手に取って眺めるほうが好きです。
しかし、私の中に、やはり鉄道模型は走らせてこそという固定概念がありました。
だから、自分のことを鉄道模型好きとは言えないと思っていたので、こんなNゲージを持っているという話も友達などにしたことがありません。


でも、諸星さんによると、それも立派な鉄道模型の楽しみ方で、胸を張って鉄道模型好きと言っていいとおっしゃるのです。


諸星さんによると、例えば鉄道ファンには車両形式に詳しくないと駄目だいう雰囲気があるかもしれませんが、諸星さんはまったく詳しくないそうです。
何系と言われても分かりません、と笑顔でおっしゃいます。
でも、この電車を見てカッコいい、その鉄道模型を買いたいと思ったらそれでいいのではないでしょうか、趣味なのだから決まりごとなどない、自分の好きなように楽しめばいい、と。
まずは鉄道趣味を始めることが大切だということなのですね。


ここからは『モハようございます。』に書いていない取材裏話です。
諸星さんが作られたこのような模型も見せてくださいました。

諸星昭弘さん5

SLの錆びた感がとてもリアルですよね。
そう申し上げたところ、諸星さんは決して実物と近いものではないとおっしゃるのです。
とても驚きますよね。
どういう意味かというと、実際にSLを運転されていらした方がこの模型をご覧になったところ、こんな錆び方はしないと指摘されたそうです。
ご説明を受けると確かにそうなのですが、これは諸星さんの中にあるSLのイメージで作られたものなので、現実とは異なる部分もあるというわけです。
しかし、実物とそっくりでなければいけないわけではなく、諸星さんが作りたいように作ればいいということなのですね。


鉄道ファンの裾野を広げるヒントは、「自分の好きなように楽しめば、それでいい」ということにあるのかもしれません。
あなた自身の楽しみ方が正解でなのですから、まずはどんなことでも興味を持ったことから鉄道趣味に携わってみる。
それを先輩鉄道ファンも温かく見守る・・・・・・そういうつながり広がっていくと、もっと鉄道趣味の輪が広がっていくと感じました。


諸星さんほどの方でも、この自由に楽しむということをさらに勉強させてくれた人がいらっしゃったそうです。
それはナント小学生!
どういうエピソードかは、ぜひモハようの諸星昭弘さんスペシャルインタビューコーナーをご覧ください。


諸星さんにインタビューさせていただき、鉄道模型だけでなく、いろいろなことを考えさせられました。


諸星昭弘さんは、公式サイトとブログを運営されていらっしゃいます。
素敵な鉄道レイアウトの世界をぜひご覧ください。
↓↓↓↓↓↓↓
『O.MORO DESIGN』
モロホシアキヒロのブログ『GO! GO!! TOY TRAINS』


諸星さんのお考えに共感されるあなたも、ぜひブログランキング投票にご協力いただけますか。
この下にある2つのバナーをクリックするだけです。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へFC2ランキング


モハようございます。
Unow?コミュニティ『モハようございます。』に参加した記事です。あなたもコメントをお寄せください!

スポンサーサイト

好評発売中!

車両や撮影ポイントなど鉄道趣味の王道から、キロポスト・車止め・分岐器――今まであまり注目されなかった鉄道の脇役たちまで楽しむ魅力が満載!

↑↑↑↑↑↑↑
この画像をクリックすると、送料無料で宅配が可能です。

『モハようございます。あの人はなぜ、鉄道にハマるのか?』
(オーム社刊)
税込1,260円

<目次>
01.キロポスト
02.カーブの美しい風景
03.車止め
04.分岐器
05.線路のマニアックポイント1
06.線路のマニアックポイント2
07.パンタグラフ
08.車両設備を触ることのできるポイント
09.音を楽しむポイント
10.時刻表
11.青春18きっぷ
12.鉄道で飲む楽しさ
13.国鉄音にハマる!
14.国鉄車両に乗る
15.東北特急再編地図
16.SLと触れ合う
17.貨物列車
18.廃線・廃駅を追う面白さ
19.絶滅車両を保存せよ!
20.ブルートレインの乗り方
21.鉄道模型/人車鉄道
22.線路配線図
23.きっぷ収集
24.全国にある鉄道関連博物館
25.鉄道博物館の歩き方
スペシャルインタビュー:
・木村裕子さん
・小倉沙耶さん
・向谷実さん
・諸星昭弘さん
・横見浩彦さん

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

モハようブログ内検索

モハようリンク集

『モハようございます。』に取材・写真提供のご協力をいただいた方々(カッコは掲載コーナー)、および本書・当ブログを贔屓にしてくださっているブログです。

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

モハようブログカウンター

密かにつぶやいております・・・

モハよう著者プロフィール

吉田一紀

Author:吉田一紀
脚本家・ライター・構成作家
国鉄真岡線を快走するキハ20系に心を奪われ、小学4年生のときにブルートレインに魅せられて鉄道にハマる。
ブルートレインを牽引していたEF65 1000番台やDD51、24系客車のNゲージを部屋に飾り眺めるのがストレス解消法。
なるべく新幹線を使わずに、特急や在来線を乗り継ぎながら線路や駅舎を眺める旅が好きである。

・特に好きな車両
キハ20系・183系・24系客車
・特に好きな機関車
EF65 1000番台・DD51・EF75
・特に好きな分岐器
DSS(ダブルスリップスイッチ)
・特に好きな車止め
第1種車止め(バラストを盛ったもの)
・特に復活してほしい優等列車
急行『つくばね』、ブルートレイン『さくら』、特急『あやめ』の両国始発

<主な作品・活動>
・手塚眞監督ショートムービープロジェクト『フリーハンド』脚本担当
・『敬天愛人~隆盛の如く~』(明治座)脚本
・東宝戯曲科脚本コース修了
・『駅-それぞれの出発(たびだち)』『帰ってきた天使』(シアターサンモール)脚本
・学研まんがでよくわかるシリーズ『燃料電池のひみつ』構成
・地上波テレビ局携帯サイト動画配信番組構成
・全国公開映画公式モバイルサイト
・ドラマ解説本
・地上波情報番組構成
・教育ビデオ構成・脚本
・カルチャー各種(骨董、食、美術館、スケッチなど)ムック本
・ビジネス関係書籍
・ライブイベント構成
・報道機関発行メールマガジン
・進学塾会報誌
・企業研修パンフレット
・フリーペーパー連載エッセイ
などもろもろ書かせていただきました……
・『趣味悠々・時実新子のハッピー川柳塾』(NHK教育)に出演もしていました(^^)

ご意見・ご感想などお寄せください


※メールフォームが作動しない場合は、各記事の下にあるCommentをご使用ください(著者のみに連絡したい場合は、「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れて送信)。

最近のコメント

最近のトラックバック

外部リンク

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。